Apple、macOS High Sierra 10.13.5アップデートをリリース

この記事は約1分で読めます。

Appleは現地時間2018年6月1日、macOS High Sierra 10.13.5アップデートをリリースした。

このバージョンでは、セキュリティや安定性の向上が図られているほか、「iCloudにメッセージを保管」に対応している。

macOS High Sierra 10.13.5
macOS High Sierra 10.13.5
スポンサーリンク
デル株式会社
スポンサーリンク
デル株式会社

iCloudにメッセージを保管

今回のアップデートで追加された、「iCloudにメッセージを保管」する機能。

メッセージと添付ファイルをiCloudに保存することによって、Macの空き領域を増やすことができる。

「iCloudにメッセージを保管」を有効にするには、「設定」から「目セージ」アプリの「環境宣言」に移動、「アカウント」をクリックしてから、「「iCloudにメッセージを保管」を有効にする」を選択することで可能になる。

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
タクログ。(TAK)

ガジェットオタクの元英語講師。
Win95時代からダイヤルアップでネット界隈に潜伏、高校時代は駅前の書店で週刊アスキーを買って学校へ持ち込む。2010年にマカーに転向。愛用カメラはPENTAX K-70。
生息地は千代田区外神田&神田神保町。

タクログ。(TAK)をフォローする
macOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ノートンストア
スポンサーリンク
三越伊勢丹オンラインストア
タクログ。(TAK)をフォローする
タクログ。
タイトルとURLをコピーしました