Apple、macOS High Sierra 10.13.5アップデートをリリース

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleは現地時間2018年6月1日、macOS High Sierra 10.13.5アップデートをリリースした。

このバージョンでは、セキュリティや安定性の向上が図られているほか、「iCloudにメッセージを保管」に対応している。

スポンサーリンク

iCloudにメッセージを保管

今回のアップデートで追加された、「iCloudにメッセージを保管」する機能。

メッセージと添付ファイルをiCloudに保存することによって、Macの空き領域を増やすことができる。

「iCloudにメッセージを保管」を有効にするには、「設定」から「目セージ」アプリの「環境宣言」に移動、「アカウント」をクリックしてから、「「iCloudにメッセージを保管」を有効にする」を選択することで可能になる。

関連リンク