ソフトバンク、iPhoneをジュニアスマホ対象機種に追加

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソフトバンクは、2019年3月12日からジュニアスマホの対象機種にiPhoneを追加したと発表した。

ジュニアスマホとは、最新スマートフォンの中身を子供向けに変更することで、安心して利用できる月額使用料無料のサービス。

スポンサーリンク

ジュニアスマホ

「ジュニアスマホ」でできること

有料コンテンツの購入をブロック

有料アプリやアプリ内課金を制限。高額請求の心配が不要になる。保護者の同意があれば、クレジットカードやFelicia、ギフトカードなどの登録で購入や課金が可能になる。

有害サイトやアプリ起動を制限

あんしんフィルター(無料)への加入で有害サイトやアプリ起動を制限することができる。保護者の裁量で制限の解除も可能。

子供用にホーム画面をカスタマイズ(Androidのみ)

ホーム画面を子供が使いやすいようにカスタマイズして提供。最新のスマートフォンでも安心して利用できる。

対象機種(2019年3月12日現在)

iPhone

  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6

Android

  • Android One S5
  • Xperia XZ3
  • AQUOS zero
  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • AQUOS R2
  • AQUOS R2 compact
  • Xperia XZ2
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • DIGNO J
  • HUAWEI nova lite 2
  • Android One S3
  • AQUOS R compact
  • Xperia XZ1
  • AQUOS ea
  • DIGNO G
  • HTC U11
  • AQUOS R
  • Xperia XZs

リンク

コメント