Apple、iPadOSを発表:iOSから分離へ

この記事は約4分で読めます。

Appleは現地時間2019年6月3日、「WWDC19」にてiPadシリーズ向けの新OS「iPadOS」を発表した。

iPadシリーズにはこれまでiPhone・iPod touchと同じ「iOS」が搭載されていたが、ここへ来てiPad専用のOSに梶を切ったことになる。

iPad用にホーム画面を刷新

iPadOSではホーム画面は新しくデザインされ、より多くのアプリケーションを各画面に表示する新しいレイアウトを採用。「今日の表示」をホーム画面に追加できるようになり、ウィジェットにすばやくアクセスしてヘッドライン、天気、カレンダー、イベント、ヒントなどの情報を一目で確認できるようになった。

これまでデッドスペースの多かったホーム画面にウィジェットを表示することで快適な操作ができるようになりそうだ。

Split ViewとSlide Overの機能強化

複数のアプリを表示できる「Split View」をアップデート。これまでできなかった同じアプリケーションから複数のファイルと書類を同時に操作できるようになり、Slide Overでは複数のアプリケーションをすばやく表示し、切り替えることができるようになる。

MacやPCでは普通にできる機能だがこれまでのiOSではこういったことができなかった。Windows搭載のタブレットを意識したのだろうか。

Apple Pencilがさらに幅広く使いこなせるように

iPadOSでは、Apple Pencilの機能も強化される。iPadの画面の隅からApple Pencilでスワイプするだけで、ウェブページ、書類、メールに注釈を加えたり、全体をまとめて送信したりできるようになるという。

新しくデザインされたツールパレットでは、ツール、カラーパレット、図形、オブジェクト単位で消せる消しゴム、線のどの部分でも削除できる新しいピクセル単位で消せる消しゴム、完全にまっすぐな線を引くための定規に、すばやくアクセスできるということなので、これまで以上にApple Pencilの使い心地がよくなりそうだ。

ファイルアプリケーションの強化:外付けドライブに対応

ファイルアプリケーションが改良され、iCloud Driveでフォルダ共有に対応する。共有フォルダにアクセスできるユーザーなら誰でも、iCloud Driveでそのフォルダを表示でき、いつでも最新バージョンにアクセスできるようになる。

iPadOSは外付けドライブにも対応。USBドライブやSDカードを簡単に接続したり、SMBファイルサーバにログインしたりすることもすべてファイルアプリケーション内で行えるようになるそうだ。

Safariでのデスクトップクラスのブラウズ体験

WebブラウザSafariはデスクトップ版のウェブサイトを自動的に表示し、iPadのディスプレイに合わせて表示を正しく調整し、タッチの操作に最適化するという。

iPadのSafariではGoogle Docs、Squarespace、WordPressなどのウェブアプリケーションが優れた機能を発揮するということなので楽しみだ。

Safariには、ダウンロードマネージャー、30種類の新しいキーボードショートカット、タブ管理機能の強化などの機能も搭載される。

テキスト編集機能の強化

テキスト編集機能は精度と速度が一段と向上。ポイント操作がさらに簡単で迅速になり、スワイプ1つでテキストを選択できるようになる。新しいジェスチャを使ってカット、コピー、ペースト、取り消しの操作もできるようになる。

iOS 13対応機種

iPadOSは、iPad Air 2以降、iPad Proの全モデル、iPadの第5世代以降、iPad mini 4以降に対応。これによりアップデートできなくなるのは以下のモデル。

  • iPad Air
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

今秋リリース予定

iPadOSのデベロッパ向けプレビューはすでに開始されており、パブリックベータプログラムは来月の予定。正式なリリースは今年秋になるとのことだ。

リンク

コメント