Apple、「13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」を発表

この記事は約2分で読めます。

Appleは、一部の13インチMacBook Proのディスプレイに以下の症状(のいずれかまたは両方)が現れる場合があることを確認したとして、バックライト修理プログラムの提供を発表した。

  • ディスプレイのバックライトが、画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する。
  • ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる。

この問題が確認されているのは、2016年10月から2018年2 月までの間に販売された13インチMacBook Proで、Appleや Apple正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook Pro を無償で修理するとしている。

対象モデル

  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

修理手続き

Appleは、修理開始前にAppleにて実機検査を行い、プログラムの適用対象かどうかを検証するとしている。

  • Apple 正規サービスプロバイダ
  • Apple Store 直営店
  • Apple サポート

Appleは、修理に出す前に、あらかじめデータをバックアップするよう呼びかけるとともに、修理に支障をきたす損傷がある場合は別途修理料金がかかることがあるとしている。

注意事項

  • このプログラムは、対象となる MacBook Pro に対し、その最初の小売販売日から 4 年間適用されるが、MacBook Pro の通常の製品保証期間を延長するものではない。
  • このプログラムの対象になると思われる MacBook Pro のディスプレイをすでに有償で修理した場合、修理料金の返金の可能性があるとのこと。

リンク

コメント