LINE、1日500円から始められる「ワンコイン投資」を開始

LINE Financialは、「LINE」上から身近なテーマへの投資を通じた資産づくりを行える「LINEスマート投資」において、本日より、1日500円から積立投資ができる、「ワンコイン投資」のサービスを開始したと発表した。 「LINEスマート投資」 は2018年10月18日にサービスを開始...

SMBC日興証券、投資情報メディア「FROGGY」に個別株取引機能を実装:500円から株売買が可能に

SMBC日興証券は2019年2月15日に投資情報メディア「FROGGY(フロッギー)」をリニューアルし、情報メディアと取引ツールが一体化した日本初の投資サービスを開始した。 100万円以下の購入時のコストがゼロになるのは大手証券会社のサービスで初めてのことだ。 SMBC日興証券麹町支店...

1万円から始められる資産運用サービスTHEO+ docomoがスタート

NTTドコモは、1万円から始められる資産運用サービス「THEO+(テオプラス)docomo」の提供を開始したと発表した。THEO+ docomoは「お金のデザイン」社の提供する投資一任運用サービス。dカードユーザー向けには、dカードを設定すればおつりを自動で積立てくれるサービスを2018年7月から...
2018.06.22
スポンサーリンク

楽天証券、新規口座開設で最大25,000ポイントプレゼントキャンペーン実施中(〜2018年6月30日)

米国株取引もできる楽天証券が新規に口座を開設するひとを対象に、最大25,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを行っている。さらにNISA口座の開設・つみたてNISAでの取引に応じて抽選で最大3,000円プレゼントするという。 楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが貯まるがオススメだ。 ...

メルカリ(4385)が東証マザーズに上場予定:IPO(新規公開株)申し込みのための準備を

フリーマーケットアプリのメルカリが2018年6月19日に東証マザーズに上場する。新規上場の主幹事は大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券だ。 その他、SMBC日興証券、みずほ証券、野村證券、 、、、極東証券でも取り扱われる。<a href="//ck.jp.ap.valuecom...

マネックス証券、米国株の円貨決済をスタート:キャンペーン実施中(〜2018年4月30日)

は2018年3月26日(月)から米国株取引に関して円貨決済機能を導入した。従来は米国株を購入するためには注文前に為替振替をする必要があったが、円貨の用意だけで快適に取引を行うことが出来るようになった。 これに伴って、マネックス証券は為替振替手数料キャッシュバックキャンペーンを行っている。 ...

SMBC日興証券ダイレクトコース口座開設で手数料キャッシュバックキャンペーン中(2017/3/30まで)

僕が口座を持っているSMBC日興証券からキャンペーンのメール。 2018年2月1日から3月30日までの間、ダイレクトコース(インターネット取引口座)で新規に口座を開設した方を対象に、現物株式の買付手数料を最大3ヶ月間キャッシュバックするキャンペーンが行われている(上限10万円)。 キャ...

【投資】東洋経済『会社四季報』の定期購読を始めた

株式投資を始めて1年余り。今はまだ非常に小額しか入っていないが、いずれ投資額が増えるだろうという希望的観測から、東洋経済新報社の『会社四季報』は手元に置くようにしている。 『会社四季報』2017年4集(秋号) 3ヶ月ほどまえだっただろうか、よく利用する三省堂書店のポイン...
2017.09.19

マネックス証券が新規顧客に手数料キャッシュバック(2017/10/31まで)

筆者もNISA口座と米国株口座で利用しているが、2017年10月31日まで現物株式買付手数料を実質0円にするキャンペーンを行っている。対象となるのは、キャンペーンページにあるコードを入力して新規に口座開設の申し込みをした個人で、対象取引は日本株・ETF・REITに限られるという。 キ...
2017.08.16

カブドットコム証券に口座開設でMUFGユーザーは手数料キャッシュバック(2018年5月31日まで)

三菱東京UFJ銀行は、三菱東京UFJ銀行ホームページなどから系列のカブドットコム証券の証券口座を新規に開設した人に対して、証券口座開設の翌々月末までに約定したプチ株(単元未満株)を含む現物株式の取引手数料を、最大5,000円(税込)キャッシュバックするキャンペーンを発表した。 キャンペーン概...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました