【投資】東洋経済『会社四季報』の定期購読を始めた

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資を始めて1年余り。今はまだ非常に小額しか入っていないが、いずれ投資額が増えるだろうという希望的観測から、東洋経済新報社の『会社四季報』は手元に置くようにしている。

『会社四季報』2017年4集(秋号)
『会社四季報』2017年4集(秋号)

3ヶ月ほどまえだっただろうか、よく利用する三省堂書店のポイントカード会員向けのキャンペーンで1,000ポイントもらえるということだったので定期購読を申し込んだ。

その初回号となる2017年4集(秋号)が届いたのでレポートしたい。

スポンサーリンク

『会社四季報』定期講読のメリット・デメリット

書店に並ぶより早く入手できる可能性がある

あの電話帳並に重い冊子を書店から家まで運ぶことから解放されるだけでも十分なメリットなのだが、発売日すぐに読めるように発送されていることから書店に並ぶよりも早く届くことがある。

今回は2017年9月15日(金)発売だったのだが、前日14日(木)の夕方16時〜18時の時間指定で発送された。その日のうちに受け取ることができれば、書店で買う人よりも半日早く入手できる1というのは嬉しい。

四季報をめくりながら各社のプレスリリースなどを確認して翌日に備えることができるというのは(特にデイトレーダーには)大きなメリットと言えるだろう。

ポストに入るサイズではない点に注意

雑誌の定期購読というと封筒に入って(いわゆる)メール便で届くのが普通だが、『四季報』は電話帳並みの厚さで通常のポストには入らない

今回はヤマト運輸の通常サイズの宅急便で届いたが、あいにく夜遅くまで不在だったため翌日(=発売日当日)まで受け取ることができなかった。

翌日昼に別のメール便の配達ついでにチャイムを鳴らしてくれたようで、帰宅時にはメール便の封筒と不在通知が入っていた。

配達予定通知メールが来ていれば指定の時間帯を変更できたのだが、なんだか申し訳ないことをしたと思っている。こういう時ほど宅配ボックスが欲しいと思うことはない。

『会社四季報』定期購読の梱包
『会社四季報』は大きいので通常の宅配便で送られてくる。再配達を依頼することになって申し訳ないところ。

定期購読期間によって割引も

東洋経済新報社の定期購読は前払いで、期間は1年と2年から選べる。2年講読では約6%OFFになるのでお得だ。

宅配ボックスがある家に住んでいるなど、宅配便を確実に受け取れるという人は定期購読をお薦めする。

Fujisan.co.jp などで定期購読が可能なほか、Amazon.co.jp経由で申し込むこともできる。

脚注

  1. 書店によっては雑誌を発売日前に並べてしまうところがあるかもしれないが、四季報が書店でフラゲできるのかどうかは確認していない。(昔は少年向けマンガ雑誌をフラゲするために自転車を走らせる子供がいたけど、今もそういうことはあるのだろうか)
マネックス証券

悠木貴仁がメインで使っている証券会社。株式売買手数料がリーズナブルなのはネット証券ならでは。「マネックストレーダー」など高機能なトレードツールが使えるほか、オンラインセミナーやJPモルガンアナリストレポートなど無料で利用できる投資情報が多いことが魅力だ。米国株や中国株など豊富な海外投資商品を扱っていて、海外株をNISA口座で取引することもできる。投資信託は一部を除き100円から購入可能。仮想通貨取引所「コインチェック」をグループ傘下に置くなど今後の展開が注目だ。

SMBC日興証券

三井住友FG系列の大手証券会社で、ネット取引の「ダイレクトコース」と支店担当者からアドバイスをもらえる「総合コース」から選択できる。全国の支店で行われる無料セミナーのほか、インターネットセミナーや豊富なアナリストレポートが記事から魅力。直接個別株に投資ができる投資情報サイト「FROGGY」(フロッギー)では、100万円以下であれば500円から手数料無料で購入できる。「バンク&トレード」など三井住友銀行との連携サービスもある。IPO取り扱い銘柄も多い。

SBI証券

「ネット証券口座開設数No.1」を謳う人気のネット証券会社。NISA口座数もトップだという。1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」から選択できる。国内株式の夜間取引(PTS)が可能なことも大きな魅力だ。外国株の取り扱いも豊富で、強力なトレーディングツール「HYPER SBI」は直感的な操作で人気だ。IPO取り扱い銘柄も多いので押さえておきたい。SBI証券で取引するなら同時に解説しておきたいのが住信SBIネット銀行の口座。「SBIハイブリッド預金」というサービスではSBI証券の株式や投資信託の買付余力に自動的に充当される。

楽天証券

Mac対応の取引ツールを出している楽天グループのネット証券。パソコン・スマートフォン向け取引ツール「MARKET SPEED」「iSPEED」があり、日経テレコンが読み放題という魅力がある。楽天銀行との連携サービス、取引で得たポイントを楽天市場で使えるというのも楽天グループならでは。2019年3月18日から国内株式(現物)の夜間取引の取り扱いを開始する予定。

みずほ証券

文化放送で放送されている人気ラジオ番組「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」の提供クレジットでもお馴染み、みずほFG傘下の大手証券会社。業界トップレベルのアナリストによるレポートが満載で、ネット取引の「ダイレクトコース」と店舗・コールセンターでのサポートを加えた「3サポートコース」から選べる。

カブドットコム証券

業界トップクラスの手数料の安さと「kabuステーション」などの高機能な取引ツールで人気のネット証券。MUFG傘下で三菱UFJ銀行との連携サービスのほか、MUDG各社のレポートなどを利用可能。2019年2月にKDDIがTOBによる出資を発表。「auカブコム証券」となる予定。

松井証券

様々な業界初の取り組みを行ってきた歴史のある証券会社。安くてシンプルな定額手数料体系を採用、売買回数に関係なく1日の株式の約定代金合計で手数料が決まる。

GMOクリック証券

GMOインターネットグループの系列のネット証券。GMOあおぞらネット銀行との口座連携サービス「証券コネクト口座」を開始、預金金利の優遇が魅力となる。

岩井コスモ証券

岩井コスモホールディングス傘下の中堅証券会社。ネット取引・コール取引・対面取引と3つの取引方法を展開。IPO取り扱い数が豊富。

ライブスター証券

業界最安水準の手数料の安さで多彩な注文方法に対応するネット証券。取引ツールも充実している。IPOは前受金不要。