macOS用Twitterクライアント「TweetBot」が半額セール中

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シマンテックストア_無料体験版ダウンロード

先日公式Macアプリ「Twitter for Mac」がサポート終了したTwitter。すでにサードパーティー製のアプリを導入した人も多いと思う。

先日の記事で僕はセール中のTwitterrific 5をオススメしたのだけど、この度「TweetBot」も半額セールを始めたようだ。

Twitterrific: Tweet Your Way
ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント無料iOSユニバーサル
Twitterrific 5 for Twitter
ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント¥960
スポンサーリンク

Tweetbot for Twitterの特徴

  • 人気のTwitterクライアント。
  • iOS版とmacOS版で未読管理とミュート対象を同期できる。
  • マルチウィンドウ対応。
  • iOS版(Tweetbot 4)は600円。
  • macOS版は1,200円今だけセール価格600円
Tweetbot 5 for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ニュース¥600iOSユニバーサル
Tweetbot 2 for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ¥1,200
スポンサーリンク

Tweetbotのいいところ・悪いところ

Twitterrificで満足していたのだけど、セールになっているものだからTweetbotも買ってしまった。以下、共通点や相違点をまとめてみる。

  • Twitterrificと同様にiCloud同期が可能。
  • Twitterrificは未読ツイートのマーカーが出るけどTweetbotは出ない。
  • iPhoneで使うにはUIは変わらない。
  • iPadで使用する場合、Twitterrificは下部、Tweetbotは左部に設定用のボタンが表示される。
  • macOSで使う場合、Twitterrificは上部、Tweetbotは左部に設定用のボタンが表示される。

「Twitter for Mac」から乗り換えるのであれば、UIが似通っているのはTweetbotかと思う。

スポンサーリンク

アカウントの切り替え

ここからはmacOS版の話。

  • Twitterificは上部のユーザー名のところをクリックすることでアカウントの切り替えが出来る。
  • Tweetbotは左部のユーザーアイコンをクリックするとアカウントの切り替えができる。

これはどういうUIを好むかによって意見が分かれるだろう。両方使ってみて、僕はTweetbotのほうが使いやすいのではないかと思い始めている。

macOSユーザーでTwitterクライアントに悩んでいる方は参考にしてほしい。

Tweetbot 2 for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ¥1,200
Twitterrific 5 for Twitter
ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント¥960