論文・PDF・自炊書籍を読むのに電子ノートが欲しい

この記事は約3分で読めます。

大学生や大学院生、研究者はもちろん、校正の仕事をしているひとや自炊書籍を読むひと。PDFファイルを見る時間が長いひとから聞くのが、タブレットやパソコンだと目が疲れるという悩み。

iPadで論文などのPDFを長時間読むので非常に困っている。

「電子ペーパーがいいよ」という声をよく聞くので、買おうかどうか悩んでいるところだ。

富士通製かSONY製か

今電子ノートを購入するなら、富士通「QUADERNO(クアデルノ)」とソニー「デジタルペーパー」の2種類だろう。

富士通「QUADERNO(クアデルノ)」

電子ノート「QUADERNO(クアデルノ)」は、手書きができる、ペーパーレスノート。「書く」と「膨大な資料を持ち運ぶ」に特化した、新しいビジネスツール「電子ペーパー」だ。

ScanSnapプレミアムアンバサダーの木村聡子さんは「QUADERNO(クアデルノ)」のユーザーだとか。

触らせてもらった感じでは、まるで本物の紙のような自然な書き心地。

手帳のように、手書きで文字を書き込むことで直感的にスケジュールを把握できる。

パソコンで作成した文書や大量の書類をPDFに変換して、パソコンと同期することでファイルを一括管理することも。

会議のメモや思いついたアイデアを、手書きの文字でそのまま保存。

タッチ式モニターとほぼ同様の操作性を備えていて、手書きならではのひらめきやイメージの拡がりを逃さないとのことだ。

紙のような使い勝手とデジタルツールとしての便利さを融合させた電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」。

13.3型(A4サイズ)と10.3型(A5サイズ)の2種類で、スケジュールフォーマットやノートテンプレートが公式サイトからダウンロードできる。

パソコン用アプリ「Digital Paper PC App」がWindows 10のみというのがちょっと惜しいところ。

詳しい特徴や使い方、製品情報は富士通公式直販サイトWEB MARTから。

⇒ 「電子ペーパー」について詳しく見る

ソニー「デジタルペーパー」

SONYのデジタルペーパーは13.3型「DPT-RP1」(A4サイズ)と10.3型の「DPT-CP1」(A5サイズ)の2種類。

「QUADERNO(クアデルノ)」と同じように紙のような使い心地。軽くて薄く、自由に書き込めるノートとしても利用できる。

スマートフォンとの書類共有もできるので、プライベートでもビジネスでも使い方は自由自在。

横罫や方眼罫、リーガルパッド、デイリースケジュールやミーティングシート、手帳といったテンプレートも豊富なのが嬉しいところだ。

「Digital Paper App」はWindowsおよびMacに対応、「Digital Paper App for mobile」はAndroid OSとiOSに対応している。

ソニーの「デジタルペーパー」はソニーストアで購入できる。

詳しい情報はソニーストアの商品ページで。

差はアプリのみ

「QUADERNO(クアデルノ)」も「デジタルペーパー」も本体の能力には差は無く、大きな違いがあるのはドキュメント管理のアプリだけだ。

ScanSnapを出している富士通製か、それともMacにも対応しているSONY製か。

僕はMacユーザーなのでSONYのデジタルペーパーを選ぶほほかないのだけど、Windowsユーザーは選択肢があって羨ましいと思う。

どちらにせよ、近日中にデジタルペーパーを購入したいところだ。

コメント