Apple、決済サービス「Card」 (Apple Card)を発表

この記事は約2分で読めます。

Appleは、2019年3月25日午前10時(PDT)にカリフォルニア州クパチーノにある「スティーブ・ジョブズ・シアター」でスペシャルイベントを開催し、カード事業に参入することを発表した。

「Card」は、iPhoneで申し込めばApple Pay が使える世界中で利用可能だという。手数料や年会費は発生しない。2019年夏に提供が始まるとのこと。

カテゴリ別に支出を管理

Appleの決済システムはまるで家計簿アプリかと見まごうほど。Apple Mapと連携して利用した店舗の情報も閲覧できる。

一般的なクレジットカードと異なり、家計簿アプリを用意しなくても支出の概要が把握できるというのが嬉しいところだ。

手数料・年会費なし・低利息・2%キャッシュバック

驚いたのは日々の買い物で2%のキャッシュバックという高還元率。Appleの買い物では3%のキャッシュバックというからすごい。

物理カードも発行されるが、その場合の還元率は1%とのこと。

提携先はゴールドマンサックスとMaster Cardだが、購買履歴などの情報は徹底して守られるそうだ。

支払日を2週に1度などコントロール可能

支払日をコントロールできるというところもありがたい。今月は支払日を2回にするとか、そういったことが可能になる。

徹底したプライバシー保護

「Card」にはカード番号やセキュリティカード、有効期限署名といったものが一切ない。購買履歴のようなトラッキング可能な情報なども共有されることがないという。

コメント