Apple、「watchOS 6」を発表:健康管理とフィットネスの機能を進化

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleは現地時間2019年6月3日、「WWDC19」にてApple Watch向けの新OS「watchOS 6」を発表した。

「watchOS 6」 では、ダイナミックな新しい文字盤が追加されたほか、Apple Watchから直接App Storeにアクセスすることも可能になる。

スポンサーリンク

月経周期を記録する「Cycle Tracking」

「watchOS 6」 では、新たに搭載されたCycle Trackingアプリケーションを使うと、女性は月経周期に関する重要な情報を記録できる。Apple Watchの利便性を活用して、次の月経の時期や妊娠可能期間を予測できる。

毎日の記録機能では、現在の周期、月経血、症状や兆候、排卵予測キットの結果や排卵周期の記録に関するその他の要素といった月経期間に関連する情報を簡単に追加することが可能で、この新しいCycle Tracking機能は、iOS 13がインストールされたiPhoneでも使うことができる。

騒音レベルをチェックする「Noise」アプリ

聴力の低下と認知機能の低下には関連があるとされるが、手首にはめたApple Watchを最適な位置に持っていくと、Noiseアプリケーションがコンサートやスポーツイベントといった、聴力に好ましくない影響を与える可能性がある環境での騒音レベルを確認することができる。

騒音レベルが変化するとアプリケーションのデシベルメーターもリアルタイムでそれを表示。90デシベルの音を週に4時間聞き続けると聴力に影響が出始めるとする世界保健機関(WHO)のレポートをもとに、騒音レベルがこの90デシベルに達するとApple Watchが通知を送信するようにしたという。

App Storeとアプリケーション

watchOS 6では、初めてApple WatchからApp Storeに直接アクセスが可能になる。他社製アプリケーションのインストールや、Siri、音声入力、指書き入力を使用してアプリケーションの検索が簡単にできるほか、Apple Watchの画面でも見やすいようにデザインされたアプリケーションの製品ページも用意されるという。

デベロッパは、iOSアプリケーションがなくてもApple Watch上で単独で動作する、Apple Watch専用アプリケーションを作成できるようになる。

その他の機能

ボイスメモアプリケーションがApple Watchでも使えるようになるほか、Apple Booksで購入したオーディオブックを、新しいオーディオブックアプリケーションを使って、Apple Watchで直接聞けるようになる。また、新しい計算機アプリケーションを使うと、チップや割り勘の計算もApple Watchで行うことができる。

watchOS 6対応機種

watchOS 6を利用するには、iOS 13を搭載した「iPhone 6s」以降のモデルと以下のモデルが必要だ。

  • Apple Watch Series 1
  • Apple Watch Series 2
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4

今秋リリース予定

watchOS 6のデベロッパ向けプレビューはすでに開始されており、正式リリースは今秋の予定だ。

リンク

コメント