Apple、ゲームサブスクリプションサービス「 Arcade」(Apple Arcade)を発表

この記事は約1分で読めます。

Appleは、2019年3月25日午前10時(PDT)にカリフォルニア州クパチーノにある「スティーブ・ジョブズ・シアター」でスペシャルイベントを開催し、ゲームサブスクリプションサービス「 Arcade」(Apple Arcade)を発表した。

坂口博信、ケン・ウォン、ウィル・ライトといった多数の著名クリエイターのオリジナル作品を含む、100タイトルを超える独占公開の新作ゲームを提供するという。

Apple Arcadeは、ゲームが月額固定料金で遊び放題。しかもサブスクリプションはファミリー共有が可能だ。

広告が表示されたり追跡型広告に煩わされたりせず、追加課金の心配もない。ユーザーのプライバシーを尊重するとしている。

Apple Arcade は、2019年秋に150か国以上でApp Storeの新しいタブから提供開始予定。iOS、macOS、tvOSのどれでも利用できる。

リンク

コメント