Apple、Apple Newsを刷新し「Apple News+」に(日本での提供はなし)

この記事は約2分で読めます。

Appleは、2019年3月25日午前10時(PDT)にカリフォルニア州クパチーノにある「スティーブ・ジョブズ・シアター」でスペシャルイベントを開催し、米国などで展開している「Apple News」を刷新し。『The New Yorker』『Popular Science』などの雑誌を含む「Apple News+」とすることを発表した。

初月無料・月額9.99ドル・ファミリー共有可能

「Apple News +」にはロサンゼルスタイムズ(Los Angeles Times;LA Times)や ウォールストリートジャーナル(Wall Street Journal;WSJ)も参加。初月無料で月額9.99ドル、ファミリー共有が可能で家族で複数課金する必要はない。

アメリカ・カナダでは即日、イギリス・オーストラリアでは2019年秋から提供予定。

(日本での展開はないらしい…)

トラッキング広告を制限

Apple doesn’t allow advertisers to track you

「Apple News+」では、Appleはユーザーをトラッキングするタイプの追跡広告は広告代理店に許さないという。

ネットで見ると趣味嗜好がバレるんじゃないかといった心配は無用だ。Appleはセキュリティやプライバシーに配慮するとイベント内で繰り返し述べていた。

(だから日本でやってくれよ…)

リンク

コメント