Apple、iOS 13を発表:ダークモードなどを搭載

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleは現地時間2019年6月3日、「WWDC19」にて「iOS 13」を発表した。

今秋リリース予定の「iOS 13」では新たにダークモードを搭載されるほか、写真とカメラの高度な機能、「Sign In with Apple」、そしてマップアプリが刷新される。システム全体が最適化されたiOS 13は、より高速に動作。アプリケーションの起動速度が改善し、アプリケーションのダウンロードサイズが削減され、Face IDはさらに速くなるという。

スポンサーリンク

ダークモード

システム全体とすべてのネイティブアプリケーションの外観が暗い色調になり、暗めの場所での見やすさが際立つダークモードを搭載。ダークモードはサードパーティのアプリケーションデベロッパが独自のアプリケーションに組み込むことができ、日の出などの特定の時刻に合わせて自動的に有効にすることもできるという。

写真アプリも刷新

写真アプリケーションは、デバイス上の機械学習機能を利用。見やすく整理することにより、ライブラリ全体から最高の写真を選び出してくれる。

不要な写真や類似の写真は自動的に非表示になり、写真やビデオの整理を整理してくれるという。

新しいツールで写真編集がより包括的かつ直感的に。スワイプするだけで効果を増減して完璧な見映えに変えることができるため、撮影者は創造の可能性をさらにひろげて、画像を編集できるそうだ。

iOS 13では、ほとんどの写真編集ツールがビデオ編集でも利用できるようになるため、写真アプリケーションの中で回転、トリミング、フィルタの適用が可能。ポートレート照明の調整をカメラアプリケーション上でできるようになり、光を近付けて目の輝きを増したり顔の表情を明るく自然にしたりすることや、逆に光を遠ざけて微妙で洗練された見栄えにすることもできるようになる。

Sign In with Apple

このところプライバシー保護をアピールポイントにしているApple。「Sign In with Apple 」ではSNSのアカウントの利用やフォームへの入力、Eメールアドレスの確認やパスワードの選択などの代わりに、ユーザーはApple IDだけを使って認証することができ、Appleはデベロッパに一意のランダムなIDを提供することでユーザーのプライバシーを保護してくれる。

デベロッパがユーザーに名前とメールアドレスを求めることを選択した場合でも、ユーザーは代替となる一意のランダムなメールアドレスを提供して自分のEメールアドレスを非公開にすることができる。

しかも2ファクタ認証でFace IDまたはTouch IDでユーザーが簡単に認証することができるというのが嬉しいところ。Appleは、Sign In with Appleを利用してユーザーやユーザーのアプリケーション内でのアクティビティのプロフィールを作ることをしないとしている。

マップアプリの刷新

Appleの新しいマップでは、より道路を網羅し、歩行者向けデータ、住所の正確性、土地情報データのすべてを向上することができたとアピール。新しい地図は、一部の都市と米国の州ですでに利用可能だそうで、2019年末までに米国全体で、2020年にはほかの国でも利用できるようになるとか。

その他の機能

テキスト編集機能が強化され、文書のスクロール、カーソルの移動、テキストの選択をよりすばやくかつ正確に行うことができるようになるほか、 ヘルスケアアプリでは聴覚機能をモニタリングする機能や、女性の月経周期を確認、視覚化、予測する新しい機能が追加される。ファイルアプリケーションでは、iCloudドライブでフォルダを共有したり、SDカードやUSBフラッシュドライブなどの外部ストレージデバイスのファイルにアクセスできるようになるそうだ。

対象モデルはiPhone 6s以降:iPadはiPadOSへ

iOS 13に対応するのは「iPhone 6s」以降のモデルとiPod touch(第7世代)で、これにより以下のモデルがアップデート対象外になる。

  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • iPod touch(第6世代)

また、iPadシリーズについては新しい「iPadOS」がリリースされることになっており、iPhone/iPod touchとiPadとが別のOSで動くようになる格好だ。

リリースは今秋の予定

iOS 13のDeveloper Previewはすでに開始されており、iOSユーザー向けの公開ベータプログラムは来月より提供される。正式なリリースは今秋の予定だ。

リンク

コメント