iPhoneの画面が割れたら即座にAppleサポートでGenius Barの予約を取ろう

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2010年にソフトバンク版のiPhone 4でiPhoneデビュー、その後iPhone 5を経たのちにiPhone 5sがドコモ版から出たことを受け、docomo「SHARP SH901i」とiPhoneとの2代持ちを解消した。現在使っているのはiPhone 7だ。

初めてiPhoneを手にしてから八年半。ついに僕は画面割れを体験することになる。

スポンサーリンク

8年半で初めて体験した画面割れ

画面が破損したiPhone 7
画面が破損したiPhone 7

プラスチック素材のフィルムからガラスフィルムまであらゆるものを試したが、どうしても性に合わなかった。操作性や画面の視認性が落ちような気がしてならない。だから、オシャレでつけているケース(純正レザー)を除いてはいじくりまわしたりしていないのだ。

本当は、現在のラインアップなか選ぶのでであれば、iPhon XS Maxが欲しいところ

2年経過してApple Careの保証外

Apple Care+は万が一の事故に備えて補償金を納めることで修理代金やサポート代金を抑えてくれるサービス。現時点は保証期間が購入後から2年間となっている

僕の場合は購入から二年半くらい経つのでもちろん対象外。表面ガラスを実費で交換するしかない。

街中にはガラス交換や修理の専門店が点在しているけれども、不具合がおきるかもしれないので僕は直営店に持ち込む派だ。

Apple サポート
ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Apple Store
ショッピング, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

画面のみ交換か本体交換か

結論を先に言うと、今回のケースでは画面のみの交換で18,000円程で済んだ。

もし内部に水濡れがあるなど他の故障もあるとなると本体交換で40,000円くらいになるので、同じ機種を使うよりは機種変更したほうがよくなるライン。

XS MaxよりはiPad Proを最新型のUSB-C対応のものに切り替えたいんだ。

もう少し長く持ってくれ…!

今回の故障修理は10年間で3回目

僕はモバイルユースのパソコンやスマートフォンなどには必ず長期保証をつけるようにしている。

自宅据え置きならば何とかなるだろうけど、モバイル端末に関してはガンガン使うためにも長期保証は必須とも言える。

2年以内の故障なら、純正品でしかも格安で修理してもらえる。

以下、過去2回の故障エピソードを再掲。

初めて本体交換したのはiPhone 5sを水没させたとき

初めてApple Careを利用したのはiPhone 5sを使っていた2016年だったか。

不注意によって水没させてしまい、その後電源が入らなくなってしまったのだ。

水没というと真水が多いのだろうが、真水であれば乾燥剤を投入して放置すればなんとかなることもある。

※この時代のiPhoneは防水コーティングがなされていなかった。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます。

iPhone 5sは一眼レフもミラーレスももっていない風景写真の撮影好きにはとってしていたんだけど、葛西臨海公園の岩場で転んだのだった。

中身は生きていたから修理に出す前にローカルにバックアップを撮れたのは不幸中の幸い。

その後検討した結果、電源ケーブルの部分が海水による腐食してしまって充電ができない状態になってしまっていた。

マナーモードスイッチ破損で本体交換

「着信/サイレントスイッチ」が破損したiPhone 7
「着信/サイレントスイッチ」が破損したiPhone 7

2回目はiPhone 7。何度落としても本体にはかすり傷程度しかつかなかったのだけど、当たり所が悪かったのか、マナーモードスイッチに大きな砂利が直撃。マナーモードから元に戻せなくなってしまったのだ

「マナーモードにできなくなるよりはマシ」なのだけど、仕事の電話に出られないということが頻発してしまった。(2ヶ月くらいで我慢が出来なくなり、交換修理を依頼することにしたのだった。

その時は通勤経路にあるビックカメラ(ビックロ)へ駆け込んだ(当時はまだApple新宿はなかった)のだけど、予約してなかったために残念ながら満席。幸い銀座のApple Storeに少し空きがあるとのことで、その日のうちに修理が完了した。

バックアップを取ってAppleサポートで予約を

Appleユーザーが多いため故障や破損などのトラブルでGenius Barを訪れるひとは多い。当日に急に行っても対応してもらえないこともあるので事前に予約を取ろう。

予約が取れたら必ずバックアップ。iCloudバックアップでもいいけど、中身を完全にバックアップしたいひとはパソコンのローカルに保存しよう。バックアップファイルにパスワード保護をかける設定をすると引き継げるものも多くなるのでオススメだ。

Apple サポート
ユーティリティ無料iOSユニバーサル
Apple Store
ショッピング, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

iPhone 7からの買い換えは微妙な段階

今年中には本体を新しく買い換えるつもりでいるのだけど、現行のiPhone XS Maxがベストな選択かというと微妙な段階だ。

先述したように、iPad ProはコネクタをLightningからUSB-Cに買えたばかり。iPhoneにも同じような流れが来ないとも限らない微妙な情勢だ。もっとも、LightningはAppleのMagic Keyboard/Mouse/Trackpadの最新機にも採用されているからそう簡単になくなりはしないだろう。

LightningコネクタのiPhone XS Maxを買うか、次の機種を待つか、もうちょっと考えてみようと思う。

ガラスフィルムを検討中

そういう状態なので、もう少しiPhone 7を使い続ける予定だ。以前は保護フィルムを付けていたが、ここ数年は画面には何も貼らない派を通してきた。

それは保護フィルムを何度も張り替えるよりApple Care+を使った方が安いからだ。

今回はApple Care+の期間を過ぎてしまった時点での破損事故。

こうなってくると、数年ぶりに保護フィルムを貼ることを検討せざるを得まい。

せっかくだからアンチグレアのものにしようと思っていて、納得のいくものを探している最中である。


コメント