Apple、「macOS Catalina」のパブリックベータ版(1st)を提供中

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleが6月下旬より「macOS Catalina」のパブリックベータ版の提供を始めている。

macOS Catalina

現地時間2019年6月3日に行われた「WWDC19」で明らかになった通り、「macOS Catalina」ではiTunesが「Apple Music」「Apple Podcasts」「Apple TV」に分割されるほか、iPadを2台目のディスプレイまたは入力デバイスとして使用する「Sidecar」が搭載される。

Apple、macOS Catalinaを発表:iTunesを3つのアプリに分割へ
Appleは現地時間2019年6月3日、「WWDC19」にて新しいmacOS「Catalina」 (カタリナ)を発表した。macOS Catalinaでは、iTunesが3つのアプリ「Apple Music」「Apple ...

「macOS Catalina」は完全64ビット環境になるため、これまで警告が表示されてきた32ビットアプリやQuickTime 7ライブラリが動かなくなることに注意が必要だ。

パブリックベータ版は Apple Beta Software Programに登録すれば誰でも利用することができるが、 Apple Beta Software Programで提供されるソフトウェアは機密情報なので、スクリーンショットを公開・投稿したりSNSでシェアすることなどは禁じれている。

スポンサーリンク

リンク

コメント