Macの日本語入力のバグが全然修正されない:システムフォントの改善はまだか?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

macOS High Sierraのシステムフォントに起因するバグ。以前ブログで紹介したが、一向に改善される気配がない。端的に言えば、システムフォントの半角と全角の形に問題があって、ローマ字入力をしようとすると文字が上下に揺れるというものだった。

スポンサーリンク

Mojaveでは改善されるの?

先日発表されたmacOS 10.14 Mojave。今秋のリリースが予定されているが、システムフォントの改善はなされるのだろうか。

システムフォントを直さなくてもいいから、せめてフォントを入れ替える機能を純正でつけてほしい。

個人的にはシステムフォントよりもヒラギノ角ゴシックのほうが気に入っている。

しばらくはATOKなどを使うしかない

先ほど別記事に書いたように、ATOK for Macが2018年度版にアップデートされた。

このバージョンからは月額課金版の「ATOK Passport」のみとなり、パッケージ版やダウンロード版は販売されない。

しかし前バージョンの「ATOK 2017 for Mac」は次期OSのmacOS 10.14 Mojaveへの対応を謳っているので、月額課金版が嫌なひとは旧バージョンの2017を購入すると良いと思う。