【2019年4月版】英語キーボード(US配列)搭載Windowsノートパソコン

この記事は約9分で読めます。

パソコンのキーボードにこだわりの強い人に人気の英語キーボード(US配列)。初心者にはお勧めできないけど、使っていくうちに身体がJIS配列を受け入れなくなるくらいにまで僕はなってしまった。

僕はiMacもMacBook AirもUS配列にカスタマイズして購入したし、現在はPFUのHappy Hacking Keyboard Professional BT(英語配列)が手放せない。

ただ、学校で使っているものと同じものがいいとか、そういう理由でJIS配列を好む方は、以下の記事を参照してほしい。

さて、「英語キーボードの配列がしっくりくる」「JIS配列って左にずれてて気持ち悪い」「プログラマーでUS配列のほうが使いやすい」という人向けに、英語キーボード(US配列)のノートパソコンの最新情報をお届けしたい。

ASUS ZenBook S(ASUS Store Akasakaで購入の場合は有償で英語キーボードに換装できる)
スポンサーリンク

英語キーボード標準搭載ノートパソコン

日本国内で販売されているノートパソコンは基本的に日本語キーボードなので、カスタマイズをしなくても英語キーボードを搭載しているものは限られてくる。

MSIクリエイターノート PS42-8RB-026JP i5 14.0FHD 8GB 256GBSSD MX150 英字キーボード

ゲーミングノートパソコンでお馴染みのMSIが出しているクリエイター向けノートパソコン。薄さ15.95mm、軽さ1.19Kgと持運びの多いビジネス用途に最適な薄さと軽さを実現している。

ベゼルも最薄部が5.7mmで画面占有率80%を実現、13インチクラスの本体に14インチの液晶を搭載している。

MSIならではの特徴も。外部GPU「GeForce MX150」を搭載することで動画・画像編集作業や3D CG作成作業をノートパソコン一台で快適に行うことが可能に。さらに、ゲーミングノートPC向けに開発された強力な冷却システム「Cooler Boost 3」を搭載。CPUとGPUを強力に冷却することで高パフォーマンスが要求されるビジネスシーンでも安定動作を実現する。

MSIクリエイターノート PS42-8RB-026JP i5モデル

  • CPU:Core i5-8250U(1.5GHz)
  • GPU:NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5
  • OS:Windows 10 Home
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 液晶パネル:14インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、狭額縁デザイン、IPSレベルタイプ
  • 映像出力端子:HDMI ×1
  • I/Oポート:USB3.1 Gen1 Type-C ×2、USB3.1 Gen1 Type-A ×2、ヘッドホン出力/マイク入力 コンボジャック ×1

MSIクリエイターノート PS42-8RB-003JP i7モデル

  • CPU:Core i7-8550U(1.8GHz)
  • GPU:NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5
  • OS:Windows 10 Home
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(M.2 NVMe)
  • 液晶パネル:14インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、狭額縁デザイン、IPSレベルタイプ
  • 映像出力端子:HDMI ×1
  • I/Oポート:USB3.1 Gen1 Type-C ×2、USB3.1 Gen1 Type-A ×2、ヘッドホン出力/マイク入力 コンボジャック ×1

HP Spectre 13-af000

【US配列】HP Specture 13-af000がスタイリッシュでカッコいい
2017年11月発売のHP Specture 13-af000は「セラミックホワイト」と「アッシュブラック」の2色展開。「セラミックホワイト」は日本語キーボード(JIS配列)、「アッシュブラック」は英語キーボード(US配列)となっている。...

2017年モデルはアッシュブラックが英語キーボード搭載だった「HP Spectre 13-af000」。2018年モデルは直販サイトHP Directplusで見る限りは英語キーボードは選べないようだ。

ただAmazonでは英語キーボードモデルも購入できるようなので、試してみる価値もあるかもしれない。

HP Directplus オンラインストア

Microsoft Surface Pro

キーボード分離型のMicrosoft Surface Pro。英語キーボードも家電量販店で購入できる。Surface ペンによるタッチ入力にも対応。スリムなデザインのSurface Arc Mouseもおしゃれだ。 Microsoft Storeで購入の場合は、30日間の返金保証がついてくるので、使ってみてしっくりこないというときも安心だ。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

ゲーミングノートパソコン

ASUSやHP、MSIのゲーミングノートパソコンには英語キーボードが搭載されているものがある。各メーカーの直販サイトでも購入できる。

直販サイトのカスタマイズで購入する

AppleのMacBook・MacBook Air・MacBook Proは公式サイトやApple Storeで無料で英語キーボードなどに換装できるのでBoot CampなどでWindowsを入れて使っているひとも多いと思う。

Mac
Macの世界へようこそ。MacBook Pro、iMac Pro、MacBook Air、MacBook、iMacなど、Macのラインナップを紹介します。製品の情報も、購入も、サポートも、すべてAppleのウェブサイトでどうぞ。

Windowsのノートパソコンも一部メーカーが直販サイトで英語キーボード換装サービスを行っている。(有料の場合が多い)

VAIO

ソニーストア

VAIOシリーズ(S11、S13、SX14、A12)はソニーストアでのカスタマイズによって英語キーボードに変更することができる(+5,000円;S11、S13は別途指紋認証+2,000円が必要)。VAIOストアでは英語キーボードは選べないようだ。

個人的には最新のVAIO SX 14がオススメ。

Dell

Dellから発売された「XPS 13」「XPS 15」は4K液晶も搭載可能なプレミアムモバイルノート。カスタマイズでHDR・タッチ対応の4K/UltraHD(3840×2160)や英語キーボードを選べる、現時点で最高スペックのモデルだ。XPS以外にも英語キーボードを選べるものもあるが、これをオススメしたい。

Lenovo

LenovoThinkPadなども直販モデルはカスタマイズで英語キーボードに変更可能(一部有料)。

ASUS直営店のカスタマイズで購入する

ASUSの直営店「ASUS Store Akasaka」では、購入時に有料で英語キーボード(US配列)に換装するサービスを行っている。

  • ASUS ZenBook シリーズ:15,000円(税抜)
  • ASUS TransBook シリーズ:8,000円(税抜)

Zenbookの「ScreenPad」「NumberPad」搭載モデルは換装対象外。

ASUS Store Akasaka - お気軽にお立ち寄りください
ASUS Storeは修理の相談や充電サービス、ノートPCへの英語キーボード換装サービスまでさまざまなサービスを受けることができる来店型店舗です。

吊るしならMSI、カスタマイズならVAIO・Dell ・Lenovo

現状、英字キーボードを標準搭載しているノートパソコンを購入するならMSI一択となるだろう。液晶がフルHDで、4Kが選べないのが難点かもしれない。

カスタマイズで購入するならVAIO(ソニーストア)、Dell、Lenovoの3社となるだろう。VAIOなら4K液晶の選べるVAIO SX14、DellはXPS13・XPS15がいいだろう。

あるいはAppleのMacBookシリーズにBoot CampなどでWindowsを走らせるのもいいかもしれない。

コメント