モバイルSuica、Android端末も無料化へ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JR東日本は「モバイルSuica」について、2020年2月以降、以下のとおり一部サービス内容の変更と一部機種でのサービス提供の終了を予定していることを発表した。

スポンサーリンク

モバイルSuicaの主な変更点

  1. 年会費の無料化(2020年2月26日以降)
  2. 一部機種でのサービス終了(2020年2月25日または12月22日)
  3. モバイルSuica特急券のサービス終了(2019年度末)

これまでiPhoneやApple Watchからは年会費を取ってこなかったモバイルSuica。今回のサービス改定でAndroidスマートフォンユーザーも無料化の対象になる。

Suica
ファイナンス, 旅行無料

年会費の無料化

現在でもJR系列のクレジットカード(ビューカード)を使えば、携帯電話(フィーチャーフォン)やAndroidスマートフォンでも無料となっている、

それが2020年2月26日以降クレジットカードによらず無料となるということだ。

僕はエポスゴールドカードの「選べるポイントアップ」キャンペーンにモバイルSuicaを登録していて、Suicaが使える店の決済を全てそこで済ませている。

変更点

  • 年会費変更予定日:2020年2月26日
    • 携帯電話(フィーチャーフォン)1:1,030円(税込)FN→無料
    • Androidスマートフォン:1,030円(税込)FN →無料
    • Apple社製端末:無料→無料(変更なし)
  • 一部機種のログインを伴うサービス終了
    • ケータイ(フィーチャーフォン)の全機種
      • 2020年2月25日または2020年12月22日終了予定
    • Androidスマートフォンの一部機種
      • 2020年12月22日終了予定
      • AndroidOS4.4以下の端末は2021年3月以降利用不可

対象機種が終了になる「ログインを伴うサービス」

  • クレジットカードによる入金(チャージ)
  • オートチャージ〔申込・変更・停止〕
  • 定期券〔新規購入・継続購入・区間変更・種類変更・払戻し〕
  • Suicaグリーン券〔購入・払戻し〕
  • モバイルSuica特急券〔購入・変更・払戻し・受取り・預入れ・特急券情報変更〕
  • ビュー・エクスプレス特約〔申込・解除〕
  • ネット決済
  • Suicaポケット〔JRE POINT交換分の受取り・キャンペーン等でのプレゼント分の受取り〕
  • 利用履歴表示
  • メール配信サービス〔申込・停止〕
  • 新規会員登録
  • 退会〔携帯情報端末の操作による場合のみ〕
  • 会員情報の変更〔携帯情報端末の電話番号・メールアドレス・クレジットカード情報〕
  • 機種変更操作〔サーバへの預入れ・サーバからの受取り〕

引き続き利用できる「ログインを伴わないサービス」

  • SF(電子マネー)による鉄道利用
  • SF(電子マネー)でのお買い物
  • 店頭、JR東日本のモバイル端末対応Suicaチャージ専用機での現金チャージ
  • 定期券〔有効期限までの鉄道利用〕(継続購入・新規購入は不可)
  • モバイルSuica特急券〔受取り済みのチケットによる新幹線利用〕
  • (特急券選択情報が「使う」に設定されている場合に限る)
  • オートチャージ〔ご登録のビューカードの有効期限まで利用可能〕
    • (有効期限切れ後は新しい有効期限のビューカードでも利用不可)

店頭やモバイル端末対応チャージ専用機を利用した現金チャージはこれからも可能党言うことなので、自分の生活圏にあるかどうか確認しておきたい。

モバイルSuicaを継続利用したい場合

サービス終了日以前に、 使用中の端末のモバイルSuicaアプリから「携帯情報端末の機種変更手続き」を行い、モバイルSuica対応端末で手続きを行う。

モバイルSuica特急券のサービス提供の終了について

2019年度末に予定されている新たな新幹線IC乗車サービスの開始に合わせ、モバイルSuica特急券(モバトク/スーパーモバトク)は、サービスの提供を終了する。

新たな新幹線IC乗車サービスの開始日や価格等の具体的な内容は検討中とのこと。

参考リンク

脚注

  1. ケータイ(フィーチャーフォン)は、2020年2月25日または2020年12月22日をもって新規会員登録、ログインを伴うサービスの提供を終了予定。

関連書籍

コメント