ホームページリニューアルのお知らせ:カテゴリ別新着記事を導入

この記事は約5分で読めます。

本日「タクログ。」はホームページ(サイトトップページ)をインデックスカードのみの構成からカテゴリ別新着記事を含む一覧性の高いものへとリニューアルを行った。

スポンサーリンク

カテゴリ別新着記事を表示

WordPress・Cocoonでカテゴリ別新着記事をトップページに表示する方法は色々あるが、プラグインを使った設定は非常に面倒に思えてしまった。

使ったのはシンプルにクラシックエディタ。Cocoonのツールを使いつつショートコードを手打ちして構成を行った。

Gutenbergのブロックエディタが好きになれない

最近のコンテンツは「Ulysses」で下書きをしてアップロードしたあと、クラシックエディタで調整してからGutenbergのブロックエディタ形式に変換。その後微調整をしている。

Ulysses
仕事効率化, ライフスタイル無料
Ulysses
仕事効率化, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

ブロックエディタは非常に直感的なのだけど、コードをどのように埋め込んだらいいのか今のところ掴めていない。

HTMLとCSSをテキストエディタで書いてからFTPソフトでアップロードしていた人間としては、クラシックエディタのHTMLコードのほうが慣れているものに近かったりする。ショートコードによるカスタマイズも簡単だった。

参考にしたサイト

今回のリニューアルにあたっては、プラグインを使う方法を載せているサイトやHTMLコードを載せているサイトを参考にさせていただいた。

最終的にはどちらも使わずにほぼ自力で構成したのだけど、自分のやり方が他のひとにとってやりやすいものかどうかわからないので、こういうレイアウトにしたいときに参考になりそうな記事のリンクを貼っておく。

現在使っているプラグイン

いろいろと見ていたら、なんかJetpackを使っていないひとが結構いるみたい。WordPress.comのアプリで統計を眺められるので僕はオススメしている。

WordPress
仕事効率化, ソーシャルネットワーキング無料iOSユニバーサル

他のプラグインは以下の通り。

  • Akismet Anti-Spam 4.1.1
  • BackWPup 3.6.8
  • Check Copy Contents(CCC) 1.4.1
  • Cocoon Blocks 0.1.2
  • Contact Form 7 5.1.1
  • Hello Dolly 1.6
  • Jetpack by WordPress.com 7.0.1
  • PS Auto Sitemap 1.1.9
  • Regenerate Thumbnails 3.1.0
  • RSS Importer 0.2
  • Search Regex 1.4.16
  • TinyMCE Advanced 5.1.0
  • TypeSquare Webfonts for エックスサーバー 1.1.0
  • WebSub/PubSubHubbub 3.0.2
  • WordPress Importer 0.6.4
  • WP Applink 0.3.2
  • WP Multibyte Patch 2.8.2

ブログ収益化のほうは?

「タクログ。」は2019年に入ってからアクセス数が右肩下がりの状態が続いている。

専業ブロガーというわけではないし、趣味でやっているとはいっても、得られた収益を勉強の書籍に回している状態なので収益が増えるに越したことはない。

非常勤先から来年度契約更新しない旨の通知をいただいたので、本業のほうの仕事探しも本腰を入れてやっていかないといけないなと思いつつ、しかし広汎性発達障害と双極性感情障害を抱えている状態でどうやって仕事に就こうかと思う面もある。

実際、高校で教えて心身ともにボロボロになってしまったので正直言って中等教育はこりごり。かといってフリーランスで生きていくような気概も根性もない。4月以降はどういう仕事をしようかと求人情報などを見ながら考える毎日だ。

Amazon.co.jpに「悠木貴仁(TAK)のほしい物リスト」があるので、ご支援をいただけるのであればそれ以上に嬉しいことはない。

今日もまた履歴書と職務経歴書をどこかに出してみようと思っているのだけど、その前に確定申告(白色申告)の書類を作らなければならないのと、今年は青色申告にしたほうがいいのかどうか決めなければならないデッドラインが近づいているので、それも検討しないと…。やるべきことが山積しているけれども、あらゆる困難に負けず強く生きていこうと思う。

エックスサーバー

「WordPressでブログを運営するならここ!」と言ってもいいくらい人気のサーバー。高速で安定していて信頼性が高い。14日分の自動バックアップに対応しているが、バックアップデータを受け取るには手数料がかかる。出会い系サイト・アダルトサイトも不可。「タクログ。」はエックスサーバーで運用している。

HixHost

高速で14日間毎日自動で無料バックアップというのが魅力なレンタルサーバー。アダルトコンテンツの運営も可能。サーバーが攻撃されてダウンすることがあったが、障害履歴を正直に公開していると評価してもいいかもしれない。WordPressの運用も評判がいい。

カラフルボックス

柔軟なプラン移動が魅力。過去14日分の自動バックアップに加え、バックアップ先を完全に別の地域に設定することのできる「地域別自動バックアップ」という比較的珍しい機能が無料で使える。SSLも無料。アダルトコンテンツも運用できる。

ロリポップ!レンタルサーバー

初心者向けのレンタルサーバーと言われて久しい安価なレンタルサーバー。管理画面が分かりやすくサポートが充実している。バックアップは自分で行う必要がある。

さくらのレンタルサーバ

老舗のさくらインターネットが運営する知名度の高いサーバー。料金の安さも魅力だが、初心者には難しいという評判を聞いたことがある。

コメント