サイトのテーマを「Cocoon」に変更

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年サイトをオープンしてからずっと「Simplicity 2」を利用していたのだけど、よりシンプルで高速な「Cocoon」に変更した。作者は「Simplicity」と同じわいひらさん

スポンサーリンク

Cocoonに変更した理由

サイトの読み込みが高速

Simplicityはデザインこそシンプルなのだけど、いろいろなプラグインを使わないといけないことも多くて読み込みが遅くなってしまうというデメリットもあった。

Cocoonがページ高速化機能を搭載していると聞いて、最近立ち上げたAppleファンサイト「 I love Apple」のほうに試験的に導入してみたところ、読み込みが桁違いに速くなったのでこちらでも導入を決めた。

モバイルフレンドリーでAMP対応

僕のサイトはパソコンよりもモバイル端末のアクセスが多く、およそ5割を占める。

パソコンやタブレットに最適化されたページを作るよりも、モバイルユーザーに最適なデザインのほうがユーザーにとって良いのではないかと考えた。

AMPというモバイル向け高速化ページにも手軽に対応できるというのもメリット。

完全レスポンシブ

デバイスごとに異なるデザインのページを読み込むスタイルだとどうしても時間がかかってしまう。

この点、Cocoonは100%レスポンシブ設計なので読み込む時間が短縮される。

これは運営者側にもメリットで、いくつもスタイルシートを用意する必要がなくなるのでブログの更新に時間を割けるようになる。

設定画面もわかりやすい

サイト設定画面がわかりやすい。

広告の挿入についてもいちいち設定するのではなく、本文中にショートコードを挿入することで手軽に広告を貼れるようになった。

これによって、管理者側はコンテンツの制作に集中できるようになる。

ずぼらなブロガーにはCocoonがオススメ

以上、Cocoonのメリットを見てきたがいかがだろうか。

カスタマイズもいろいろとできるようなので、これから少しずついじっていこうと思う。

僕のようなずぼらで面倒くさがりなブロガーにとってはCocoonが非常にオススメだ。

移行する際は面倒かもしれないけど、サイトは高速になって読者にも管理者にも優しいテーマなので、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

関連リンク

エックスサーバー

「WordPressでブログを運営するならここ!」と言ってもいいくらい人気のサーバー。高速で安定していて信頼性が高い。14日分の自動バックアップに対応しているが、バックアップデータを受け取るには手数料がかかる。出会い系サイト・アダルトサイトも不可。「タクログ。」はエックスサーバーで運用している。

HixHost

高速で14日間毎日自動で無料バックアップというのが魅力なレンタルサーバー。アダルトコンテンツの運営も可能。サーバーが攻撃されてダウンすることがあったが、障害履歴を正直に公開していると評価してもいいかもしれない。WordPressの運用も評判がいい。

カラフルボックス

柔軟なプラン移動が魅力。過去14日分の自動バックアップに加え、バックアップ先を完全に別の地域に設定することのできる「地域別自動バックアップ」という比較的珍しい機能が無料で使える。SSLも無料。アダルトコンテンツも運用できる。

ロリポップ!レンタルサーバー

初心者向けのレンタルサーバーと言われて久しい安価なレンタルサーバー。管理画面が分かりやすくサポートが充実している。バックアップは自分で行う必要がある。

さくらのレンタルサーバ

老舗のさくらインターネットが運営する知名度の高いサーバー。料金の安さも魅力だが、初心者には難しいという評判を聞いたことがある。