Apple、2019年度第2四半期の業績を発表:減益もサービスの売上高が過去最高の115億ドルに到達

この記事は約3分で読めます。

Appleは現地時間2019年4月30日、2019年3月30日を末日とする2019年度第2四半期の業績を発表した。第2四半期の売上高は580億ドルと、前の年の同じ時期と比べ5%減少、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は2.46ドルと、10%の減少となった。

米国市場以外の売上比率は61%だったとのことだ。

サービスの売上高が過去最高

現地時間2019年3月25日に行われたイベントで「Apple News+」「Apple Card」「Apple Archade」「Apple TV+」と立て続けに新しいサービスを発表したApple。

サービスの売上高は過去最高となり、これからは端末の買い換えに頼らない経営になりそうだ。

「1~3月期の業績は14億台を超えるアクティブデバイスのインストールベースの強みが続いていることを示しています。サービスの売上高は過去最高となり、ウェアラブル、ホームおよびアクセサリーカテゴリーも1~3月期として過去最高を記録し、強い勢いを示しました。iPadの伸びは過去6年間で最高となりました。今後の発売を目指して開発中のハードウェア、ソフトウェアそしてサービスにいつものように興奮しています。6月に開催するAppleの第30回世界開発者会議では開発者やお客様とこれまで以上に多くを共有することを楽しみにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/04/apple-reports-second-quarter-results/

自社株買いと増配も

ニュースリリースによると、AppleのCFO(最高財務責任者)ルカ·マエストリ氏は、

「自社株買いと配当金を通じて270億ドル以上を株主に還元しました。Appleの将来への我々の自信と、我々が当社株式に見る価値を考え、当社取締役会はさらに750億ドルの自社株買いを承認いたしました。また、直近7年未満で7回目となる四半期配当金の増配を行います」

https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/04/apple-reports-second-quarter-results/

と自社株買いと四半期配当の増配について言及。取締役会は、5%の増配となるAppleの普通株式1株当り0.77ドルの現金による配当を宣言したという。

配当金は2019年5月13日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2019年5月16日に支払われるとのこと。

端末からコンテンツへシフトか?

自社株買いに増配と強気のApple。MacやiPhone、iPadの買い換えが冷え込むなかでコンテンツをメインのプラットフォームに据えたと考えていいだろう。

「Apple Music」を皮切りにコンテンツのサブスクリプションサービスを続々と増やしているが、サブスクリプションは買い切りの端末とは異なり定期的に売り上げが発生するため経営の安定させるには良い試みだといえる。

端末の進化が頭打ちでイノベーションが起きづらくなった現状では、こういった取り組みが(長い目で見れば)欠かせなくなるだろう。そういった意味で、筆者はひとりの株主として(といっても1株だが)、この動きを歓迎している。

2019年度第3四半期予想

マネックス証券

悠木貴仁がメインで使っている証券会社。株式売買手数料がリーズナブルなのはネット証券ならでは。「マネックストレーダー」など高機能なトレードツールが使えるほか、オンラインセミナーやJPモルガンアナリストレポートなど無料で利用できる投資情報が多いことが魅力だ。米国株や中国株など豊富な海外投資商品を扱っていて、海外株をNISA口座で取引することもできる。投資信託は一部を除き100円から購入可能。仮想通貨取引所「コインチェック」をグループ傘下に置くなど今後の展開が注目だ。

SMBC日興証券

三井住友FG系列の大手証券会社で、ネット取引の「ダイレクトコース」と支店担当者からアドバイスをもらえる「総合コース」から選択できる。全国の支店で行われる無料セミナーのほか、インターネットセミナーや豊富なアナリストレポートが記事から魅力。直接個別株に投資ができる投資情報サイト「FROGGY」(フロッギー)では、100万円以下であれば500円から手数料無料で購入できる。「バンク&トレード」など三井住友銀行との連携サービスもある。IPO取り扱い銘柄も多い。

SBI証券

「ネット証券口座開設数No.1」を謳う人気のネット証券会社。NISA口座数もトップだという。1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」から選択できる。国内株式の夜間取引(PTS)が可能なことも大きな魅力だ。外国株の取り扱いも豊富で、強力なトレーディングツール「HYPER SBI」は直感的な操作で人気だ。IPO取り扱い銘柄も多いので押さえておきたい。SBI証券で取引するなら同時に解説しておきたいのが住信SBIネット銀行の口座。「SBIハイブリッド預金」というサービスではSBI証券の株式や投資信託の買付余力に自動的に充当される。

楽天証券

Mac対応の取引ツールを出している楽天グループのネット証券。パソコン・スマートフォン向け取引ツール「MARKET SPEED」「iSPEED」があり、日経テレコンが読み放題という魅力がある。楽天銀行との連携サービス、取引で得たポイントを楽天市場で使えるというのも楽天グループならでは。2019年3月18日から国内株式(現物)の夜間取引の取り扱いを開始する予定。

みずほ証券

文化放送で放送されている人気ラジオ番組「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」の提供クレジットでもお馴染み、みずほFG傘下の大手証券会社。業界トップレベルのアナリストによるレポートが満載で、ネット取引の「ダイレクトコース」と店舗・コールセンターでのサポートを加えた「3サポートコース」から選べる。

カブドットコム証券

業界トップクラスの手数料の安さと「kabuステーション」などの高機能な取引ツールで人気のネット証券。MUFG傘下で三菱UFJ銀行との連携サービスのほか、MUDG各社のレポートなどを利用可能。2019年2月にKDDIがTOBによる出資を発表。「auカブコム証券」となる予定。

松井証券

様々な業界初の取り組みを行ってきた歴史のある証券会社。安くてシンプルな定額手数料体系を採用、売買回数に関係なく1日の株式の約定代金合計で手数料が決まる。

GMOクリック証券

GMOインターネットグループの系列のネット証券。GMOあおぞらネット銀行との口座連携サービス「証券コネクト口座」を開始、預金金利の優遇が魅力となる。

岩井コスモ証券

岩井コスモホールディングス傘下の中堅証券会社。ネット取引・コール取引・対面取引と3つの取引方法を展開。IPO取り扱い数が豊富。

ライブスター証券

業界最安水準の手数料の安さで多彩な注文方法に対応するネット証券。取引ツールも充実している。IPOは前受金不要。

コメント