LINE Pay、決済機能に特化したAndroidアプリをリリース:iOS版は近日公開予定

この記事は約2分で読めます。

LINE Payは2019年4月17日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、LINE Pay」の決済アプリに特化した「LINE Payアプリ」をリリースすると発表した。

Android版は2019年4月17日から(Google play)、iOS版は近日中に対応するとしている。

スポンサーリンク

アプリリリースキャンペーンを開催

「LINE Payアプリ」のリリースを記念して、2019年4月18日(木)から開催の「平成最後のPayトク祭」において、アプリ利用でさらにお得になるキャンペーンを行うという。

期間中、「LINE Payアプリ」を使って「コード支払い」対応加盟店でお支払いすると、還元上限総額が5,000円分から2倍の10,000円分までにアップするそうだ。

「平成最後の超Payトク祭」キャンペーン概要

  • 内容:キャンペーン期間中、「LINE Pay」でのお支払い金額に対し、実質的に最大20%分となる残高を後日還元。
  • 実施期間:2019年4月18日(木)0:00 ~ 2019年4月30日(木)23:59
  • 対象:
    1. LINE Pay カード
    2. QUICPay+TM(Android限定)
    3. コード支払い
    4. オンライン支払い
    5. 請求書支払い
  • 還元上限総額:合計25,000円(税込)の支払いで、実質最大で5,000円分の還元

リンク

コメント