Apple、最大24か月分割金利0%で購入できるキャンペーンを延長:2019年8月30日まで

この記事は約3分で読めます。

Appleが、AppleオンラインストアとApple Storeで開催している、合計30,000円(税込)以上の購入でショッピングローンが最大24か月分割金利0%で購入できるキャンペーンが2019年8月30日まで延長された。

スポンサーリンク
デル株式会社
スポンサーリンク
デル株式会社

分割金利0%キャンペーン概要

30,000円(税込)以上の購入が対象

30,000円以上(税込)購入の場合、ローンが金利0%(6回、10回、12回、18回、20回、24回払い)で利用できるので、Apple製品を長期間使う前提であれば是非利用したい。

以前も書いたように、僕も現在使っているiMacを購入する際にこのキャンペーンを利用して24回払いで購入した。

なお、30回、36回、48回、60回払いでも6.59〜13.3%の金利でローンを組むことができる。

提携ローン会社は「オリコ」

このキャンペーンは提携ローン会社(オリコ)との契約が必要になる。申し込みの翌月から毎月27日払い。オリコからカードローンのダイレクトメールが送られてくることもあるが無視して問題ない。

キャンペーン期間

キャンペーン期間は2019年8月30日まで。

ローン払いの人はApple Careに入ろう

このブログでは何度も言及しているが、ローンで買うのだから万が一のためにApple Care+に入っておくことをオススメする。

後悔しないためのiMac選びの注意点:エントリーモデルはやめておけ【2018】
初めて買ったiMacは27インチだったのだけど、今使っているのは21.5インチのエントリーモデル(Late 2015)。はっきり言って、ものすごく後悔している。購入したばかりのころは特に問題を感じなかったのだけど、半年くらい使ったあたりからいろいろと不満点が出てきたので、エントリーモデルの...

通常の保証だけだと1年半後に壊れてしまったとしてもローンを払い続けなくてはいけなくなる。この点、MacのApple Care+は3年間保証してくれるので非常に安心だ。

この不景気の時代、Apple製品を一括で購入するのが難しいという人は多いようだ。せっかくの金利0%キャンペーンなので、上手に利用したい。

くれぐれもローンのご利用は計画的に。

下取りサービス「Apple Trade In」

Appleでは、使い終わったデバイスを、オンラインまたはApple Storeで下取りに出すことのできるサービス「Apple Trade In」を提供している。iPhoneやiPadだけでなく、Macや他社製コンピュータも対象となっている。

下取りの対象になると、下取り額分のApple Storeギフトカードをもらうことができ、Apple Storeでは、新しいデバイスの購入価格から下取り額分をその場で割引することもできる。

下取りの対象にならないApple製デバイスは、Appleが無料でリサイクルしてくれることになっている。

状態の良い端末の場合には中古ショップに売ったほうが高く売れることもあるが、こういうサービスを使うのも悪くないと思っている。

Apple Trade In
使い終わったiPhone、iPad、MacなどのデバイスをApple Trade Inで下取りに出すと、新しい製品の購入価格が割引になります。無料でリサイクルに出すこともできます。

リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
タクログ。(TAK)

ガジェットオタクの元英語講師。
Win95時代からダイヤルアップでネット界隈に潜伏、高校時代は駅前の書店で週刊アスキーを買って学校へ持ち込む。2010年にマカーに転向。愛用カメラはPENTAX K-70。
生息地は千代田区外神田&神田神保町。

タクログ。(TAK)をフォローする
Apple Store
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ノートンストア
スポンサーリンク
三越伊勢丹オンラインストア
タクログ。(TAK)をフォローする
タクログ。
タイトルとURLをコピーしました