【投資家にオススメ】ASUS ZenBookの2019年春モデルはNumberPad搭載モバイルノート

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日赤坂見附駅近くのASUS Store Akasakaで行われたASUSの新製品発表会で2019年春モデル(UX433/UX333)を確認してきたのでレポートしたい。

ASUS ZenBook 2019年春モデル
ASUS ZenBook 2019年春モデル

今回発売された「ZenBook」には指先一つでタッチパッドがテンキーに変わる「NumberPad」が搭載。狭額ベゼルのコンパクトボディで、NVMe接続のSSDを搭載したノートパソコンだ。

僕はこの新しい「ZenBook」を株式投資をする全てのひとにオススメしたい。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」 サイトTOP
スポンサーリンク

指先一つでタッチパッドがテンキーに変わる「NumberPad」

指先一つでタッチパッドがテンキーに変わる「NumberPad」
指先一つでタッチパッドがテンキーに変わる「NumberPad」

ASUSといえば自作PC用のパーツやリーズナブルなパソコンのイメージが強いが、「ZenBook」の何が投資家・デイトレーダーにオススメなのか。

それは指先一つでタッチパッドがテンキーに変わる「NumberPad」だ

右上のテンキーのマークを押すとタッチパッドにテンキーが浮かび、もう一度押すと消える仕組みだ。

テンキーがついているノートパソコンはキーボードやタッチパッドが左に寄って使いづらいが、これはタッチパッドがテンキーに変わるうえにテンキーモードでもタッチパッドとして使える

コンパクトサイズのモバイルパソコンでテンキーが使え、しかも物理的なスペースを取らないというのが画期的だ。

「NumberPad」と「Cortana」検索ボックスが投資家に最適

Cortana検索ボックスとNumberPadの連携
Cortana検索ボックスとNumberPadの連携

「NumberPad」が何の役に立つのか。勘の良い方ならおわかりだろうが、Windows 10に搭載されている「Cortana」の検索ボックスに4桁の数字を入れると株価検索ができる。モバイルノートでは横並びで面倒だった株価検索が、専用のテンキーなしで、タッチパッドに表示される「NumberPad」でできるようになったのだ。

ノートパソコンにテンキーなどもはや時代遅れだ。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」 サイトTOP

狭額ベゼルでコンパクトボディを実現

ZenBookの新旧モデル比較
ZenBookの新旧モデル比較

狭額ベゼルでコンパクトボディを実現し、13インチの「UX333FA」はUX330と比較すると21%、UX331と比較すると14%のサイズダウンとなった。「A4用紙とほぼ同等の世界最小クラス」を謳うだけはある。

その他の特徴

14インチ(UX433FN)は外部GPUを搭載

ASUS ZenBook 13/14 2019年春モデル
ASUS ZenBook 13/14 2019年春モデル

少し大きくはなるが、14インチモデル(UX433FN)は外部GPU(NVDIA GeForce MX150;2HB)を搭載している。ハードなゲーマーには向かないけれども、外部GPUを積んでいる分メモリが浮くので簡単な動画編集などには十二分に耐えられるだろう。

Harman/Kardonのオーディオテクノロジー

AudioWizard
AudioWizard

13インチ(UX333FA)、14インチ(UX433FN)ともに「Harman/Kardon」のオーディオテクノロジーが生かされている。内蔵ソフト「AudioWizard」では音楽モードや映画モードなどが選択できるようになっている。

カラーは2色展開

ZenBook 2019年春モデルは2色展開
ZenBook 2019年春モデルは2色展開

本体カラーは「ロイヤルブルー」と「アイシクルシルバー」の2色展開。個人的には「ロイヤルブルー」が好み。

非光沢液晶(MS Office付き)と光沢液晶モデル(Officeなし)

13インチの非光沢液晶モデルは「Microsoft Office Home and Office 2016」が付属、それ以外のモデルは光沢液晶でビジネス統合アプリは非搭載だ。「Office 365」を使うという想定なのだろうか。

Amazonで検索したところ、14インチモデルはサードパーティ製の反射防止フィルムが出ているようだ。

ラインナップ

13インチ(UX333FA)

14インチ(UX433FN)

購入はASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」 サイトTOPから。

NumberPad搭載モデルはUS配列に換装不可能

通販などでは日本語キーボードしか選べないのだが、直営店「ASUS Shop Akasaka」で購入した場合はプラス15,000円で英語キーボード(US配列)に換装してくれるサービスがある。

記事公開時、換装可能とお伝えしたが、ZenBook シリーズの「ScreenPad」搭載モデル 「NumberPad」搭載モデルは対象外だそうだ。

ASUSも英語キーボードの需要は把握しており、将来的に公式オンラインショップのカスタマイズに組み込むことを検討しているとのこと。

リンク

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」 サイトTOP

コメント