ビックカメラグループが楽天ペイを導入!(2019年6月20日〜)

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビックカメラグループは、インターネット通販を除くビックカメラ・コジマ・ソフマップの全店舗で「楽天ペイ」を導入することを発表した。

ビックカメラは2012年3月に「楽天Edy」を導入、2018年4月からはビックカメラとソフマップで「楽天ポイントカード」「楽天ポイントカードアプリ」の提示で「ビックポイント」「ソフマップポイント」の代わりに付与率は異なるものの「楽天スーパーポイント」が貯められるようになっていたが、楽天グループとの連携を強化していく格好だ。

  • サービス開始日:2019年6月20日(木)
  • 導入店舗:ビックカメラ・コジマ、ソフマップ全店(インターネット通販を除く)
  • ポイント付与率:
    • ビックポイント:基本8%(現金払いで10%ポイントの場合)
    • 「楽天スーパーポイント」:
      • 「楽天ペイ(アプリ決済)」で支払うことで200円(税込)につき1ポイント
      • 支払元カードを「楽天カード」に設定した場合は「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)+「楽天カード」(100円につき1ポイント)
スポンサーリンク

リンク

コメント