スポンサーリンク

Apple、「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムを開始

スポンサーリンク
デル株式会社

筆者も使用中のiPhone 7について、Appleから以下のような問題が発生する端末を無償で修理するという発表があった。

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに(モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造のiPhone 7のうち、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された端末。モデル番号(本体裏面の2段目に記載;日本版は「総務省指定」の左側)は以下の通り。

  • A1660, A1780(中国)
  • A1660:(香港、マカオ、米国 (プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む))
  • A1779:日本

該当の端末で、ステータスバーに(モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される症状がある場合は、無償で修理されるとのこと。

修理開始前に Apple にて実機検査を行い、お客様の iPhone が本プログラムの適用対象かどうかを検証させていただきますので、あらかじめご了承ください。

手続きは、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店、Appleテクニカルサポートから。携帯電話会社のショップでは受け付けていないので、直接Appleに問い合わせてほしい。

Appleの修理は端末そのものを交換することが基本なので、修理に出す前にiTunesやiCloudにバックアップを取っておく必要がある。端末交換の場合、アプリによっては事前に設定しないと復元できないことがあるので注意されたい。

この問題についてすでに有償で修理した人に対しては、2018 年 3 月末までに Appleから返金手続きについてのメールが行くとのこと。

その他詳しくはAppleのリリースから。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。