macOS一覧

Apple、macOS High Sierra 10.13.3追加アップデートをリリース

Appleは2018年2月19日(現地時間)、macOS High Sierra 10.13.3追加アップデートをリリースした。このアップデートでは、特定の文字列を使用するとアプリケーションがクラッシュする問題が修正される。 このアップデートは、すべてのユーザーに推奨されている。 mac...

記事を読む

Twitter for Macがサポート終了: macOSで使えるTwitterクライアントは?

Twitterは2月16日、macOS向けアプリ「Twitter for Mac」の提供終了を発表した。ダウンロードができなくなり、今後30日間でサポートを終了するという。 We're focusing our efforts on a great Twitter experience that...

記事を読む

Apple、macOS High Sierra 10.13.3アップデートをリリース。

2018年1月24日(現地時間23日)、AppleはmacOS High Sierra 10.13.3アップデートをリリースした。このアップデートでは、Macのセキュリティおよび安全性が改善される。 また、「メッセージ」アプリで、会話の表示順が一時的に乱れることがある問題に対応したとのことだ。 ...

記事を読む

【Apple】macOSの日本語入力で文字が上下に揺れる不具合!:その原因と対策まとめ

以前、macOSの日本語入力を純正のものに戻したというエントリを書いたが、あれからしばらくmacOSの日本語入力を使っていて苛立ちを覚えている。ローマ字入力で日本語を入力しようとすると、文字が上下にブレるのだ。Appleのサポートに問い合わせたりしながら原因と対策を探ってみたのでまとめてみたい。 ...

記事を読む

【Apple】macOSの日本語入力を純正のものに戻した

macOSの日本語入力で文字が上下にブレる現象が確認されている。詳しくは、「【Apple】macOSの日本語入力で文字が上下に揺れる不具合!:その原因と対策まとめ」で。 2010年にiMacを購入した頃から1日本語入力ソフトはJustSystemsのATOKを使ってきた。当時のMac OS Xの日...

記事を読む

Ulyssesがアップデートで「特別移行割引」のバグを修正

最近月額課金制に移行したUlysses。既存ユーザー向けの特別移行割引を2017年10月31日までとしていたが、最近アプリを購入したが人に付与される最大18ヶ月の無料期間と特別移行割引との間で発生したバグがこの度のアップデートで解消された。1,2 無料期間中に特別移行割引を購入すると課金されるバグ...

記事を読む

テキストエディタUlyssesが課金制に移行

昨日レビュー記事を上げたばかりのテキストエディタUlyssesが現地時間10日、バージョンアップに伴い課金制に移行した。買い切り型の旧バージョン(macOS版5,400円、iOS版3,000円)はすでにストアから削除されており、新たに購入することができなくなっている。8月7日(火)にmacOS版とi...

記事を読む

【レビュー】マークダウン対応のテキストエディタUlyssesを購入

Ulysses for macOSブログサイトを始めて1ヶ月を経過した。macOSの「メモ」(Notes)アプリで下書きをしてWordPressの画面で編集をするという作業をしてきたが、Web版では「見出し」(h1タグやh2タグなど)などの書式の変更に時間を取られてしまう。かといって、プレーンテキス...

記事を読む

スポンサーリンク