スポンサーリンク

【WWDC18】Apple、「iOS 12」を発表:リリースは2018年秋

スポンサーリンク
デル株式会社

Appleは現地時間2018年6月4日、「WWDC 2018」にて次期iOS「iOS 12」を発表した。

iOS 12のシステム要件はiOS 11と同じ。現在iOS 11が使えているデバイスであればアップデートが可能になる。

パフォーマンスも向上し、現行よりも高速化されるという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

ARが充実・サイズ計測機能「Measure」も

iOS 12の売りはAR機能。Adobe Creative Cloudでもネイティブ対応することが発表された。

複数ユーザーで同じAR空間を共有することも可能になる。

また、カメラを通じてサイズを計測する「Measure」機能も発表された。カメラをかざすだけで長さが測定できるというのは驚きだ。

スポンサーリンク

Siriがパワーアップ

サードパーティアプリでSiriを呼び出す機能が追加される。

スポンサーリンク

News Appにブラウズタブを追加

現状日本では使えないNews App。ブラウズタブが追加され、株式Appでは株式関連ニュースを読めるようになることが発表された。

スポンサーリンク

CarPlayがサードパーティアプリに対応

CarPlayは、Google マップなどのサードパーティ製地図アプリに対応するそう。

スポンサーリンク

利用時間の分析・制限ツール

iOSデバイスの使用時間を分析して確認する機能が追加される。特定のアプリに使用時間制限を設定することが可能になる。

ペアレントコントロール機能も強化され、子どものiOSの使用時間を確認したり使用時間を制限することもできる。

スポンサーリンク

アニ文字がパワーアップ

アニ文字もパワーアップ。キャラクターが追加され、iMessageだけでなくFaceTimeでも利用可能になるそう。

個人のアニ文字「Memoji」が作成できるようになり、好きなアバターを作成してカスタムすることができる。

スポンサーリンク

FaceTimeは最大32人まで!

ビデオチャットツール「FaceTime」は最大32人まで参加可能なグループチャット機能を搭載する。アクティブな人の映像が大きくなったりする機能もある。もうSkypeやGoogle Hangoutは飲み込まれてしまうかもしれない。

スポンサーリンク

その他

  • 「おやすみモード」の自動オフ機能
  • 「ボイスメモ」アプリがiPadに対応。
  • 「iBooks」は「Apple Books」に。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。