スポンサーリンク

Apple、MacBook・MacBook Proキーボード修理プログラムを開始

スポンサーリンク
デル株式会社

Appleが「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を開始した。プレスリリースは以下の通り。

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

対象モデル

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

注:上記以外のモデルは本プログラムの対象外。

使用中のコンピュータのモデルや、それが本プログラムの対象となるかどうかを調べるには、Apple () メニュー >「この Mac について」を選択することで確認できる。

スポンサーリンク

修理手続き

修理方法は「Apple正規プロバイダ」や「Apple Store 直営店」に持ち込むか、配送修理になる。

修理開始前に Apple にて実機検査を行い、お客様の MacBook または MacBook Pro が本プログラムの適用対象かどうかを検証してからの修理になるそうだ。

  • Apple 正規サービスプロバイダ・Apple Store 直営店: 事前に予約が必要。
  • 配送修理: Apple リペアセンターへの配送手配。

修理内容はキーボードの検査後に決まり、1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあるという。修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なるそうだ。

スポンサーリンク

注意事項

  • MacBookやMacBook Pro を修理に出す前に、あらかじめデータをバックアップしておく必要がある。
  • MacBook や MacBook Pro の修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があり、場合によっては別途修理料金がかかることがある。
  • このプログラムの対象になると思われる MackBook や MacBook Pro のキーボードをすでに有償で交換された方は、返金される場合もあるので問い合わせてほしい。

このプログラムは、対象となる MacBook および MacBook Pro に対し、その最初の小売販売日から 4 年間適用される。

スポンサーリンク

参考リンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。