スポンサーリンク

学生はMacBook・MacBook Air・MacBook Pro、迷ったらどれを買うべき?(2017年モデル)

スポンサーリンク
デル株式会社

そろそろ入学試験も終わり、新生活が始まるという学生も多いことだろう。学生生活をMacで始めたいけどどれを選んでいいのかわからないという人向けに、それぞれの特徴をまとめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

MacBook(12インチ;Mid 2017)

スペック

  • ディスプレイ:12インチ Retinaディスプレイ(2304×1440; アスペクト比16:10)
  • 本体カラー:
    • シルバー
    • ゴールド
    • スペースグレイ
    • ローズゴールド
  • CPU(第7世代Kaby Lake):
    • 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3(Turbo Boost使用時最大3.0GHz)
    • 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
    • 1.4GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • GPU:Intel HD Graphics 615
    • 本体ディスプレイで標準解像度、60Hzの外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル解像度を同時サポート(数百万色以上対応)
  • メモリ:8GBまたは16GB
  • ハードドライブ:SSD (PCIe) 256GBまたは512GB
  • バッテリー駆動時間:
    • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
    • 最大12時間のiTunesムービー再生
    • 最大30日のスタンバイ時間
  • 主な入出力端子:
    • USB-C 3.1 Gen 1 ×1(給電機能付き)
    • ヘッドセット対応ステレオミニ端子
  • 無線LANなど:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
  • サイズ:
    • 高さ:0.35〜1.31cm
    • 幅:28.05cm
    • 奥行き:19.65cm
  • 本体重量:0.92kg
  • 価格:142,800円〜(執筆時点)
  • その他:
    • 480p FaceTimeカメラ
    • 英語キーボード(US配列)などに変更可能

MacBook 12インチのよいところ・悪いところ

MacBook 12インチの向いている人

  • 外出先でメールやWebの閲覧を中心にサブマシンとして使う人
  • 画面が小さくても作業に支障のない人
スポンサーリンク

MacBook Pro 13インチ(Mid 2017)

スペック

  • ディスプレイ:13.3インチ Retinaディスプレイ(2560×1600)
  • 本体カラー:
    • シルバー
    • スペースグレイ
  • CPU(第7世代Kaby Lake):
    • 13インチモデル:
      • 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
      • 2.5GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)
    • 13インチ Touch Bar搭載モデル:
      • 3.1GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
      • 3.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)
      • 3.5GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)
  • GPU:
    • 13インチモデル:Intel Iris Plus Graphics 640
    • 13インチ Touch Bar搭載モデル:Intel Iris Plus Graphics 650
    • 本体ディスプレイで標準解像度(数百万色以上対応)と以下を同時サポート:
      • 1台のディスプレイで5,120×2,880ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
      • 最大2台のディスプレイで4,096×2,304ピクセル解像度、60Hz、数百万色以上対応
      • 最大2台のディスプレイで3,840×2,160ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
    • Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
      • USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
      • アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、Thunderbolt 2出力に対応
  • メモリ:8GBまたは16GB
  • ハードドライブ:SSD (PCIe)128GB、 256GB、512GB、または1TB
  • バッテリー駆動時間:
    • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
    • 最大10時間のiTunesムービー再生
    • 最大30日のスタンバイ時間
  • 主な入出力端子:
    • 13インチモデル
      • Thunderbolt 3(USB-C)×2(給電機能付き)
      • ヘッドセット対応ステレオミニ端子
    • 13インチTouch Bar搭載モデル
      • Thunderbolt 3(USB-C)×4(給電機能付き)
      • ヘッドセット対応ステレオミニ端子
  • 無線LANなど:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
  • サイズ:
    • 高さ:1.49cm
    • 幅:30.41cm
    • 奥行き:21.24cm
  • 本体重量:1.37kg
  • 価格:142,800円〜(執筆時点)
  • その他:
    • 720p FaceTimeカメラ
    • 英語キーボード(US配列)などに変更可能

MacBook Pro 13インチのよいところ・悪いところ

MacBook Pro 13インチの向いている人

  • 1台で済ませたいけどコンパクトなものがほしい人
  • 外部ディスプレイを持っていて自宅ではそっちをメインに使う人
スポンサーリンク

MacBook Pro 15インチ(Mid 2017)

スペック

  • ディスプレイ:15.4インチ Retinaディスプレイ(2880×1800)
  • 本体カラー:
    • シルバー
    • スペースグレイ
  • CPU(第7世代Kaby Lake):
    • 2.8GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
    • 2.9GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
    • 3.1GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
  • GPU:
    • Radeon Pro 555(2GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)+Intel HD Graphics 630
    • Radeon Pro 560(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
    • 本体ディスプレイで標準解像度(数百万色以上対応)と以下を同時サポート:
      • 最大2台のディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応最大4台のディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度、60Hz、数百万色以上対応
      • 最大4台のディスプレイで3,840 x 2,160ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
      • Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
        • USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
        • アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、Thunderbolt 2出力に対応
  • メモリ:16GB
  • ハードドライブ:SSD (PCIe)512GB、1TBまたは2TB
  • バッテリー駆動時間:
    • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
    • 最大10時間のiTunesムービー再生
    • 最大30日のスタンバイ時間
  • 主な入出力端子:
    • Thunderbolt 3(USB-C)×4(給電機能付き)
    • ヘッドセット対応ステレオミニ端子
  • 無線LANなど:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
  • サイズ:
    • 高さ:1.55cm
    • 幅:34.93cm
    • 奥行き:24.07cm
  • 本体重量:1.83kg
  • 価格:258,800円〜(執筆時点)
  • その他:
    • 720p FaceTimeカメラ
    • 英語キーボード(US配列、UK配列)などに変更可能

MacBook Pro 15インチのよいところ・悪いところ

MacBook Pro 15インチの向いている人

  • メインマシンとして画像編集までサクサクに動かしたい人
  • モバイル性を多少削っても大丈夫な人(とはいえそこまで重くないけど)
スポンサーリンク

MacBook Air 13インチ(Mid 2017)

スペック

  • ディスプレイ:13.3インチワイドディスプレイ(1440×900)
  • 本体カラー:シルバー
    • CPU:
      • 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)
      • 2.2GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
  • GPU:Intel HD Graphics 6000
    • デュアルディスプレイとビデオミラーリング:
      • 本体ディスプレイで標準解像度、60Hzの外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル解像度を同時サポート(数百万色以上対応)
    • Thunderboltデジタルビデオ出力
      • Mini DisplayPort出力に標準対応
  • メモリ:8GB
  • ハードドライブ:SSD (PCIe)128GB、 256GB、または512GB
  • バッテリー駆動時間:
    • 最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
    • 最大12時間のiTunesムービー再生
    • 最大30日のスタンバイ時間
  • 主な入出力端子:
    • USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
    • Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 1
    • MagSafe 2電源ポート
    • SDXCカードスロット
    • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • 無線LANなど:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
  • サイズ:
    • 高さ:0.3~1.7cm
    • 幅:32.5cm
    • 奥行き:22.7cm
  • 本体重量:1.35kg
  • 価格:98,800円〜(執筆時点)
  • その他:
    • 720p FaceTimeカメラ
    • 英語キーボード(US配列)などに変更可能

MacBook Air 13インチのよいところ・悪いところ

  • とにかく安い。MacBookシリーズのなかでは最安値。
  • 変換アダプタを使わなくてもSDカードやUSBメモリなどが使える
  • 本体重量1.35kgでMacBook Pro13インチより200g軽い(誤差?)。
  • 最厚部はMacBook Pro 13インチの方が薄かったりする。
  • メインマシンとしては少し貧弱かも。
  • ディスプレイの解像度が低い。

MacBook Air 13インチの向いている人

  • とにかく安くMacを使いたい人
  • 変換アダプタを持ち歩くのが面倒な人
  • Retinaディスプレイじゃなくても耐えられる人
スポンサーリンク

万人向けなのはMacBook Pro 13インチ

とにかく万人に勧められるのがMacBook Pro 13インチモデル。画面の作業スペースもそこそこあってモバイル性もある。メインマシンとしても十分なスペックだ。これ1台で済ませたいという人も大丈夫。大画面で作業したい場合は自宅に32インチくらいの4Kディスプレイを置くといいだろう。デスクの幅や奥行きに余裕のある人は40インチ以上の4Kディスプレイを置くと作業が捗ると思う。

そうはいっても、MacBook Pro 13インチ(1.37kg)と15インチ(1.83kg)の差はたった460g。普段持ち歩いているカバンが大きくて余裕のある人は15インチモデルのほうが高スペックでいいかもしれない。現在iMac 21.5インチモデルとMacBook Air 11インチモデルを併用している僕は、次はMacBook Pro 15インチモデルにまとめようと思っている。

スポンサーリンク

学生・教職員はApple「学生・教職員向けストア」で購入すると割引に

学生や教職員はAppleの「学生・教職員向けストア」で購入すると特別価格で購入することができる。MacBook 12インチモデルは136,800円〜、MacBook Airは92,800円〜、MacBook Proは136,800円〜(執筆時点、いずれも税別価格)。また、執筆時点では「Beatsヘッドフォン」がついてくる「MacやiPad Proと新学期を始めよう」キャンペーンも実施されている。

スポンサーリンク

安く購入したい人はApple認定整備済み製品を上手に買おう

学生・教職員ではないけどApple製品を安く買いたいという人はApple認定整備済製品を上手に利用しよう。徹底したクリーニングと検査を経て再梱包された整備済み製品はAppleの厳しい品質基準を満たしていることが確認されているので、中古品よりも安全。1年間の特別保証がついており、Apple Careを購入すればさらにサポートを延長できる。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。