スポンサーリンク

仮想通貨大手のBitFryerが新規口座開設を停止

スポンサーリンク
デル株式会社

仮想通貨交換業者大手のBitFryer(ビットフライヤー)が2018年6月22日、金融庁からの業務改善命令を受け、新規アカウントの開設を停止した。

既にアカウントを持っている場合は引き続きサービスを利用することができるが、新規口座の開設が出来ないようになっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

新規アカウント作成を「自主的に一時停止」

今回の新規口座開設停止はBitFryerによる自主的なものだという。

重要なお知らせ
当社は 2018 年 6 月 22 日、金融庁より業務改善命令を受けました。
経営陣以下社員一同は、いただいたご指摘を厳粛に受け止め、真摯に対応をしていく所存でございます。
適正なサービス運営態勢の構築およびご指摘事項の改善に全力を尽くすため、
現在新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止しております。
お客様にご迷惑およびご不便をおかけしておりますことを謹んでお詫び申し上げます。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

スポンサーリンク

仮想通貨への引き締めは広がる?

金融庁が仮想通貨交換業者へ業務改善命令:仮想通貨は生き残れるか
日本経済新聞電子版によると、金融庁は2018年6月22日、仮想通貨交換業者6社に業務改善命令を行った。検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの対策に不備があったという。今回業務改善命令の対象となったのは以下の6社。 ...

コインチェック社のNEM流出事件以降、金融庁が「みなし業者」を含む仮想通貨交換業者に立ち入り検査を行っている。業務改善命令もその結果を受けてのものだ。

仮想通貨を巡っては、マネーロンダリング(資金洗浄)防止策などが課題となっている。

仮想通貨は国民国家にとって有益なものではないため、その取引に対する引き締めはこれからも続くだろう。

仮想通貨が新しい経済圏を作るのか、それとも政府や中央銀行の発行する貨幣が生き残るのか。経済戦争が続いている。

仮想通貨についての岩井克人さんの論考が面白い:グローバル経済と国民国家の対立
筆者は昨日の「タクログ。」で、仮想通貨の突破口は「(貨幣としての)信用獲得だと書いた。通貨としての流通が広がれば、政府の規制云々を抜きに仮想通貨を信用する人が増えてくる。そうなれば、ギャンブル的な投資の対象としてはそぐわないかもしれない...
スポンサーリンク

国内の仮想通貨交換業者

【仮想通貨】巷で話題のビットコインが気になりはじめた
このところビットコインなどの仮想通貨が話題に上がっている。日本円をはじめとする通常の通貨と異なり国際送金が手軽に出来ることなどがウケているようだ。日本でも広がる仮想通貨決済価格が変動するというリスクもあるが、日本国内でもビックカメラ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。