スポンサーリンク

仮想通貨交換業FSHO、初の強制撤退

スポンサーリンク
デル株式会社

2018年6月7日付の日本経済新聞電子版によると、横浜市の仮想通貨交換「みなし業者」の「FSHO(エフショー)」(横浜市)に対して、金融庁が仮想通貨交換業者の登録を拒否したという。

金融庁による交換業者の登録拒否は初めてのことだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

2度の改善命令を受けていた

日本経済新聞電子版によると、FSHOは犯罪の疑いがある取引が複数発覚。これまでに金融庁から業務改善命令をこれまで2回受けたということだ。

これにより、「業務停止命令」を受けていた見なし業者が全て撤退することになる。

  • ビットステーション
  • エターナルリンク
  • ブルードリームジャパン
  • BMEX
  • FSHO
スポンサーリンク

残る見なし業者は4社

現在、金融庁から業務改善命令を受けている「みなし業者」は4社。

  • コインチェック
  • バイクリメンツ
  • LastRoots
  • みんなのビットコイン

これらの「みなし業者」が仮想通貨交換業者として登録されるかどうかが今後の争点となる。

スポンサーリンク

主な「仮想通貨交換業者」

金融庁に登録されている主な「仮想通貨交換業者」は以下の通り。

コイン積み立てができるZaifがオススメ

Zaifなら口座振替をすることで仮想通貨を積み立てることができる。

中長期投資にオススメだ。

ビットコイン取引量日本一のbitFlyer

ビットコイン取引量日本一のbitFlyerもオススメ。

少なくともこの2社には口座を開設しておきたい。

スポンサーリンク

株式投資で中長期投資したいならロボアドバイザーがオススメ

仮想通貨はちょっと怖いというひとは、株式投資のロボアドバイザーを使ってみてはいかがだろうか。

ウェルスナビTHEOなどは忙しいひとでも簡単に株式投資ができるのでオススメだ。

スポンサーリンク

参考リンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。