スポンサーリンク

GMOコイン、チャートにトレンドライン描画機能を追加

スポンサーリンク
デル株式会社

仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00006号)の GMOコイン が、2018年5月16日から仮想通貨取引のチャートにトレンド描画機能を追加した。ログイン後チャートを表示したあとで、「チャート設定」から「トレンドライン」を選択すると、好きなように線を引けるようになっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

GMOコインの特徴

取引所とは異なり提示価格で購入可能

一般の取引所では、一番安い価格で売りに出されている数量は常に変動しており、板に表示されている最も安い価格を見て買いの成行注文をした場合に、実際に約定した価格が想定よりも高い価格となってしまうことがある。最終的な約定価格が想定を大きく上回って損をすることも少なくない。

GMOコインでのビットコイン売買は、500円であっても100万円であっても、(レバレッジ取引を除き)提示されている価格で売買が成立する。自分の意図した価格で取引したいという人にとっては利用しやすいサービスだ。

シンプルでわかりやすい「2wayプライス」

取引所での取引は激しく板が動くので、初心者にとっては追うのが難しいことがある。GMOコインは、シンプルでわかりやすい2Wayプライス。簡単に利用できる。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

GMOコイン の仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」。FX(外国為替証拠金取引)で利用される標準的な注文機能を搭載していて、トレードに必須の各種チャート・テクニカル指標を、スマホアプリに最適化された画面で利用可能。仮想通貨のFX取引をしたいひとにとっては非常に嬉しいアプリだ。

仮想通貨取引所へ入金するのにお得なのはどの銀行?:各社の入出金手数料を比較
仮想通貨を始めるに当たって気になるのがその入金方法。各取引所の入金口座とその手数料を見ていこう。取引所各社の入金口座bitFlyer 銀行振込 三井住友銀行 住信SBIネット銀行 クイッ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。