余っているdポイントで投資ができる「dポイント投資」がスタート

ポイントカード
スポンサーリンク

NTTドコモドコモ光の料金、そしてドコモユーザーでなくても街中のショッピングで貯まるdポイント。ローソンのお試し引換券で使ったり、日々の買い物で使ったりもするけど、なかなか有効に活用できなかったりする。そんなdポイントが2018年5月16日から投資信託に連動する資産運用に使えるようになった。



スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

dポイント投資

dポイント投資は、持っているdポイントを使って等した意見ができる新サービス。dポイントを「運用ポイント」に交換すると、運用ポイントが投資信託の基準価額に連動して毎日変動するという。運用ポイントはいつでも通常のdポイントに戻すことができる。

「アクティブ」「バランス」から選択可能

dポイント投資の運用は、株式に大きく比重を置いて高いリターンを目指す「アクティブコース」と、やや債券に比重を置いて安定したリターンを目指す「バランスコース」の2種類から選択できる。

「お金のデザイン」社の提供する「THEO+(テオプラス)docomo」のロボアドバイザーが資産運用を行った場合のシミュレーションもしてくれるそうだ。

複数コースを選択することはできないが、切り替えはいつでも可能。

運用できるのは通常ポイントだけ

dポイントは100ポイント単位で運用でき、引き出しは1ポイント単位。運用できるのは通常ポイントだけで、「dポイント(期間・用途限定)」はこのサービスでは使えないので注意が必要だ。

注意事項

運用ポイントは「お金のデザイン」社の設定・運用する投資信託の基準価格に連動して増減する。通常の投資信託と同様に目減りするリスクもあるので注意が必要だ。

1階の利用上限は99,900ポイント。100,000ポイント以上運用する場合は複数回に分けて手続きをする必要がある。

dポイントクラブ会員が対象だが、共有グループの代表か委員がポイント利用拒否設定をしている場合は使えないそうなので、代表回線のひとに確認してみてほしい。

参考リンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。