スポンサーリンク

マネックス証券が新規顧客に手数料キャッシュバック(2017/10/31まで)

スポンサーリンク

筆者もNISA口座と米国株口座で利用しているマネックス証券が、2017年10月31日まで現物株式買付手数料を実質0円にするキャンペーンを行っている。対象となるのは、キャンペーンページにあるコードを入力して新規に口座開設の申し込みをした個人で、対象取引は日本株・ETF・REITに限られるという。

スポンサーリンク

キャンペーン対象

マネックス証券

のNISA口座は日本株に限ってはすでに実質0円となっていることから、今回のキャンペーンが適用されるのは特定口座での日本株の取引ということになる。外国株式や海外ETFは対象外だそう。

マネックス証券の特徴

マネックス証券

は、定期的に行われるオンラインセミナーが充実しており、セミナーで勉強しながら自分で判断して取引したいという人に向いている。今回のキャンペーンではキャッシュバックの対象外になっているが、米国株や中国株の取引もできるという点では口座を持っておきたい証券会社の一つだ。

マネックス証券の取引ツール

日本株の取引ツールは、Windows対応の「マネックストレーダー」、スマートフォン対応の「マネックストレーダー株式 スマートフォン」(iPhone版・Android版)、iPad(Pro以外)対応1の「マネックストレーダー株式 タブレット」があり、比較的充実している。

米国株取引専用のスマートフォンアプリが出ているというのも特徴で、これもiPhone用とAndroid用が揃っている(パソコンはWeb上で動くアプリケーション)。

トレードステーション米国株 スマートフォン
ファイナンス, ビジネス無料iOSユニバーサル
TradeStation Monex
ファイナンス, ビジネス無料iOSユニバーサル

このほか、FX取引や先物・オプション取引などのアプリケーションもあるため、興味のある方はマネックス証券のトレーディングツールに関するページで確認していただきたい。

これまでマネックス証券に口座を持ったことがなく、NISAでない特定口座で日本株の取引を行う予定のある人は今回の現物株式買付手数料実質0円キャンペーンの利用を検討されてはいかがだろうか。

脚注

  1. 筆者のiPad Pro (9.7-inch)では動いているが、ディスプレイの解像度が高い12.9インチや10.5インチで動作するかは不明。

オススメ証券会社ランキング

マネックス証券

管理人のメイン証券会社。
NISAで米国株や中国株を取引可能

SBI証券

人気のネット証券会社。住信SBIネット銀行とのハイブリッド口座も魅力。

SMBC日興証券

三井住友銀行との連携サービス「バンク&トレード」が魅力。
レポートが豊富なのでオススメ。

楽天証券

Mac対応の取引ツールが魅力。

みずほ証券

文化放送で放送中の「浅野真澄と山田真哉の週刊マネーランド」でお馴染み。レポートが豊富。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。