スポンサーリンク

モバイルSuicaに現金でチャージする方法

スポンサーリンク
デル株式会社

iPhoneがApple Payに対応したことで利用している人も多いであろうモバイルSuica。

基本的にチャージはクレジットカードから行うものというイメージが強いのだけど、実は現金でチャージする方法がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

切符売り場の新型チャージ専用機

新型Suicaチャージ専用機

JR御徒町駅の新型Suicaチャージ専用機

従来の券売機やICカードチャージ専用機はカード型のみ対応していたのだけど、最近一部の駅に新型のチャージ専用機が出現した

新型PASMOチャージ専用機

小田急線新宿駅の新型PASMOチャージ専用機

1枚目の写真はJR御徒町駅(Suica)、2枚目の写真は小田急線新宿駅(PASMO)。

紙幣投入口の左側にあったカード挿入部が廃止され、右下にICカードやスマートフォンなどを置くスペースがある。

実際にiPhone 7で試してみたところ、無事に1,000円のチャージに成功した。

スポンサーリンク

新型チャージ専用機以外の方法

駅の有人改札

モバイルSuicaの通信障害が起きたときに知ったのだけど、駅の有人改札では不足分のチャージが可能だ

「残高不足だけど電波が悪くて使えない」というときは、電波の届くところを探すのではなく有人改札に行こう。

コンビニなどのSuicaチャージ対応レジ

カード挿入口に入らないことが問題だったのだから、挿入する必要のないコンビニなどでもモバイルSuicaに現金でチャージすることができる。

  • Suicaチャージ対応のコンビニ(一部店舗)
    • NEWDAYS
    • サークルKサンクス
    • セブンイレブン
    • ファミリーマート
    • ミニストップ
    • ローソン
  • Suicaが使えるお店検索(JR東日本)

番外編:現金感覚で使えるクレジットカードを使う

現金ではないけれども、ATMで繰り上げ返済が可能なクレジットカードはほとんど現金決済同様に使うことができる。

エポスカードやエムアイカード(MIカード(エムアイカード)スタンダードMICARD+MICARD+ゴールド)、セゾンカードなどは全国の専用ATMで銀行引き落とし日よりも前に返済できるので、少しタイムラグが発生することがあるけれども使いすぎの防止ができると思う。

ATMでの繰り上げ返済が可能なクレジットカードの比較は以下のリンクから。

現金感覚で使える!ATMで繰上げ返済可能なクレジットカード3選
現金主義大国日本。「クレジットカードは使いすぎてしまいそうで怖い」と思うひとが多いと思う。僕もポイントが貯まるからとカード決済にしていて使いすぎてしまったことがあって、自分の予算の中で使うように心がけている。現金主義のひとにオススメ...
スポンサーリンク

まとめ

モバイルSuica対応の新型チャージ専用機はまだ一部の駅にしか設置されていないが、これから切り替えが進んでいくだろう。

個人的にはクレジットカードでチャージした方がポイントが貯まってお得だとは思うけど、「モバイルSuicaは使いたいけどクレジットカードは使いたくない」という人もいるだろう。

そういう人は、コンビニなどのSuica対応レジでチャージすることをオススメする。

スポンサーリンク

追記)乗り越し精算機にもモバイルSuica対応端末が登場

スマートフォン対応の「のりこし精算機」

モバイルSuicaなどスマートフォンに対応した「のりこし精算機」(都営地下鉄東中野駅)

記事執筆時点ではJR東日本や小田急電鉄の一部の駅でしかモバイルSuica対応のチャージ専用機を見かけなかったのだけど、都営地下鉄の一部の駅では「のりこし精算機」にスマートフォンを置くことのできる端末が登場した。

僕が見かけたのは都営大江戸線の東中野駅。これから順次切り替えが進んでいくものと思われる。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。