スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
スポンサーリンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【英語】ゼロから始める英語学習(2):文法ノートの作り方

シェアする

スポンサーリンク
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

さて、前回「まずは文法ノートを作ろう!」と題して以下のように書いた。

【英語】ゼロから始める英語学習(1):まずは文法ノートを作ろう!
「英語が出来ないと思っているあなた! 赤ちゃんと同じように聞き流すだけで英語ができるようになります!」 こんな文句に惑わされて英会話教材や英会話教室で挫折している人も多いことだろう。多くの人は中学校から、そして若い人は小学校から始めた英語。今までどのくらいの英語を聴いてきただろうか。 “Hi! I am Taro.”のような文から始まり、ものすごくたくさんの英語の音声を聞き流して来たはずだ。聞き...

さて、次の問題に答えてほしい。

「トムと私は親友です」となるように、次の文の空所を埋めなさい。

Tom and I _____ good friends.

ここに “am” を入れたそこのあなた、いますぐ文法ノートを作ろう。

“Tom and I” は代名詞 “we” で書き換えられるように複数なので、答えは “are” だ。

見出しをつけて基本的なことをまとめる

ノートテイキングの基本中の基本。見出しをつけて端的な説明を載せよう。次に文の「骨格」、そして例文を書く。

スポンサーリンク

be動詞の場合

タイトル「be動詞」と書いて以下のようにまとめよう。

  • be動詞「ある」
    • 英語では、「〜である」「〜がある」というときに「be動詞」を使う。
      • 主語 be 名詞・形容詞など
      • 【例】
        • I am Taro. 「私は太郎です。」
        • Hanako is beautiful. 「花子はきれいだ。」
    • 「be動詞」は主語の人称・数によって変化する

「人称」や「数」という言葉がわからなかったら、その説明を載せよう。

  • 人称
    • 1人称:「わたし(たち)」
    • 2人称:「あなた(たち)」
    • 3人称:「その他」=「第三者」
    • 日本語は「花はきれいだ」というように複数でも変化しないことがあるが、英語は基本的に単数と複数とを分ける。

be動詞のように活用するものであれば、活用表を載せよう。

単数 複数
1人称 am are
2人称 are are
3人称 is are

基本的なことの次に発展的なことを書く

「be動詞の否定文と疑問文」というタイトルで次のように書いてみよう。

  • be動詞の否定文と疑問文
    • 否定文を作るときは、be動詞の後ろに “not” をつける。
      • 主語 be not  名詞・形容詞など
      • 【例】 That is not Erika. 「その人はエリカではありません。」
    • 疑問文を作るときは、主語と対応するbe動詞をひっくり返す。
      • Be 主語 be?
      • 【例】Are you Taro? 「あなたは太郎ですか?」
    • 疑問文に答える時には、基本的に代名詞を使って次のように言う。
      • 肯定する場合:
        • Yes, 主語 be
        • 【例】 Yes, I am. 「はい、そうです」
      • 否定する場合:
        • No, 主語 be not
        • 【例】No, I am not. 「いいえ、違います。」

さて、「代名詞」という言葉が出てきた。be動詞の活用表に代名詞を加えたものを載せておこう。

単数 複数
1人称 I am We are
2人称 you are you are
3人称 he/she/it is they are

間違えやすいことがらを書いておく

冒頭の設問に戻るが、”I” の後ろには “am” が来ると機械的に覚えてしまうとこのような間違いが起きる。以下のように「注意点」(あるいは☆印や◎印でもよい)書いてまとめよう。

  • 注意点:主語が複数のとき(=複数の代名詞に書き換えられるとき)は、be動詞も複数形になる
    • 【例】Tom and I are best friends.「トムと私は親友です。」
      • Tom and I は “we” で書き換えることができる。
      • We (= Tom and I) are best friends.「私たちは親友です。」

時間がかかってもいいから丁寧に

新たに言語を勉強するときというのは、最初はどうしてもノートテイキングに時間がかかるものだ。もうほとんど忘れてしまったが、学部生の頃に第二外国語でフランス語を勉強した時は筆者もこのようなノートを作って勉強した。参考書にアンダーラインを引くだけで覚えられる人もいるかもしれないが、そういう人は多分この記事を読んでいないだろう。 簡単な文法テキストと初級者用の学習英和辞典(『エースクラウン英和辞典』など)を使って、丁寧にノートづくりをしていってほしい。

「【英語】初級文法の復習が最善の学習方法」に書いた通り、遠回りのようでこれが最も効率的なルートだ。

【英語】初級文法の復習が最善の学習方法
すでに高校を卒業している学生を相手に英語を教え始めて半年。9月中旬に行なった期末試験の採点と成績処理を終えて一段落したところなのだが、振り返って見ると思うようにいかないことばかりだった。半年間の反省を込めて、失敗した点をまとめてみようと思う。 当初の授業計画 学生の到達目標は実践的な会話であって文献の読解ではないので、スキットと数行の簡単な読み物だけのテキストを選定。当初の予定では、スキットで...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。