スポンサーリンク

腕の疲れを軽減するにはトラックボールマウスが最強

スポンサーリンク
デル株式会社

去年の夏からロジクールのトラックボールマウスM570tを愛用している。標準のMagic Mouseやトラックパッドも使い勝手はいいのだけど、どうしても手首や腕に疲れが溜まってしまう。一方でトラックボールは腕や手首を動かさずに指だけで操作ができるので腱鞘炎の予防にはもってこいだ。
Logicool M570t

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソニーストア

オススメトラックボール

ロジクール M570t

比較的安く手に入るのがロジクールM570t。子機の接続にUSB-A端子が必須だが、USB-A端子のあるパソコンであれば何の問題もないだろう。僕は「戻る」「進む」ボタンに「Mission Control」や「Launchpad」を割り当てることでMagic Mouseの機能を補っている。バッテリーは単3電池1本。

ロジクール MXTB1s

M570tと比べると少し割高になるが、Bluetoothに対応しているのがMXTB1s。傾斜角を0°〜20°まで調整でき、前腕の筋肉にかかる負担を軽減することが出来る。手のひら全体に力が分散するのも魅力だ。Easy-Switchによって2台のデバイス間を簡単に切り替えることが出来る。「戻る」「進む」ボタンはソフトウェアで設定変更可能。電池は充電式で4ヶ月持つと言われている。

スポンサーリンク

トラックボールを使って腕の疲れを軽減しよう

狭い作業スペースでもマウスのようなスライド操作が不要なトラックボールは場所を取らずに正確な作業ができる。そのうえに腕の疲れも軽減できるので、いままでトラックボールを使ったことのない人には是非一度試してもらいたいところだ。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。